まどか☆マギカはエヴァンゲリオンを超えたのか

まどか☆マギカ

出会い

まどか☆マギカとの出会い。いま振り返れば、それはまさに必然とも言えるものでした。深夜に何気なくテレビをつけた時、たまたま始まったアニメの放送。特に注目をすることもなく垂れ流していたはずが、画面を通じて溢れ出すただならぬ斬新さに、開始数分後には作業を止めて見入っていました。

そのとき目にした放送は、第10話「もう誰にも頼らない」。後に大きな反響を巻き起こすことになるエピソードでした。

質問

エヴァンゲリオンのファンとして、避けては通れない質問があります。

エヴァンゲリオンを超えるアニメは誕生するのか。

“まどか☆マギカはエヴァンゲリオンを超えたのか”の続きを読む

自分の人生を変えたアニメトップ10とその評価から読み解く人を動かす要素

Haruhi Cake

初めての人に会う時、自己紹介でまずアニメのことを話します。相手もアニメ好きだった場合は話が弾み、必然的に、私もアニメ好きで、という反応が返ってきます。そういうときに必ず聞いているのが、次の質問です。

あなたがすばらしいと思ったアニメのベスト3を教えてください。

今回、自分のこたえを整理をする意味も込めて、現在のランキングを作成しました。これらは自分の人生を変えた作品です。万人におすすめできるものではありませんが、どういったところが自分に影響を与えたのかを言葉にしました。

評価要素と評価基準

まず、評価の要素と基準は次の通りです。

物語

単純に物語としておもしろいかどうかの評価です。僕の場合はよりメッセージ性のあるものを好みますので、深く考えさせられるものは必然的に高い評価となります。いくらおもしろくても、何もメッセージが残らないものは評価できません。

舞台

設定が細かいか、深い背景が想像できるかの評価です。背景を理解するために別の新しい分野の勉強が必要になるようなものが高い評価となります。科学、未来技術、宗教、心理学、哲学など、奥の深い要素が絡み合っているものは最高です。逆に、肯定的な解釈が出来ないほどにつじつまが合わなくなっていく作品は嫌いです。

人物

萌えるかどうかの評価です。性別に関係なくです。作品に登場しなかった場面をあれやこれやと創造させる人物が登場すれば高い評価となります。その人物の意思判断の意図を想像していくうちに、僕の意思判断にも変化が発生してくることがあります。そんな出会いを求めています。

品質

作品制作の品質評価です。自分の知識不足から、技術的な凄さや専門的な意図は拾えていないことがあるのは承知しています。一視聴者として、いわゆる「クオリティー高いなー」と思った作品の評価が高いです。

演出

演出面でのアイデアや、演出によるメッセージ性の拡大具合の評価です。繰り返し見ることによって新しい発見があるものが好きなので、そういった演出がある作品は評価が高いです。新しい挑戦をしていることも高評価となります。

音楽

音楽単体の完成度と、作品との相乗効果に対する評価です。

演技

声優の演技に対する評価です。他の要素よりも、より一層個人の好みが反映されています。アニメっぽさを感じる方が評価が高い傾向にあります。

上記を5段階評価で数値化し、その平均値を総合点としています。

独断と偏見によるアニメランキング

これが自分のランキングです。評価が低いものはそもそもここにいれていません。

トップ10の各作品について、自分が評価しているポイントを言葉にしてみました。同順位が多すぎるのは、心の葛藤の結果です。

1. 新世紀エヴァンゲリオン

はじめに。このランキングはエヴァを基準に評価したわけではありません。ただ、この結果となりました。エヴァを通じて脳が覚えた興奮の総量が、ダントツだったと思います。自分の人生を生きるために一度アウトプットをして思考を止めておく必要があったほど、暴力的な力を秘めていました。
こんな危険な物体を世に生み出したいという衝動は、いまも抑えることが出来ません。

 

2. カウボーイ・ビバップ

死に近づくほど美しくなる世界を通して、人生において最も大切なものとは何なのかを考えさせられました。全体的なクオリティーの高さとは対照的に、常に温度の上がらない主人公スパイクのクールさからは、余計な装飾におどらされずに本質を捉える眼力を学びました。
また、カウボーイ・ビバップは僕が菅野よう子音楽に出会った作品でもあります。そういう意味でも非常に影響を受けた作品です。

 

2. 交響詩篇エウレカセブン

失礼を承知で言うと、エヴァ超えを目指し、見事に敗れ去った作品だと僕は思っています。だからこそ、意義がある。エウレカセブンに何かが足りなかったわけではなく、むしろ作品としては非常にレベルの高いものに仕上がっています。
良いものと、時代を変えるもの。その違いはどこにあるのだろうか。エウレカセブンはその作品の存在自体を通して、自分にその問題を考えさせてくれる作品です。
あと、後半全話泣きます。

 

2. 崖の上のポニョ

宮崎駿監督の最高傑作だと思っています。映画館ではじめて見たときの衝撃はいまでも覚えています。何が一番すごいのかと言われれば、それが説明できないところです。”Show, don’t tell” は自分の目指す領域です。
子供が楽しむための作品にしか見えないのに、その裏側には宮崎駿監督の人生が詰め込まれている。映画を見た後にドキュメンタリーを見て、改めて監督の思いの強さを感じました。

 

5. けいおん

けいおんは癒し系だとか、あるいはギャグ系だとか、人によって説明の仕方は違うと思います。僕はけいおんを日本的なアニメの傑作だと考えています。
説明不要の共通認識として、「日本人なら」誰もが経験している学生生活。その学生生活を通じて「日本人なら」みんなが共有している感覚。それを最大限に刺激してきます。これを完全な形で楽しめるのは、その共通認識を持っている日本人だけです。この作品を真に楽しめるのは、あの無駄にも思えた長い学生生活があったおかげなのです。
全体を通してゆるい流れの中で、2期の最終回に向けて感情が高まっていく演出には、弱パンチしか打てないのかと思って近づいたらスクリューパイルドライバーを食らったような感覚を受けました。

 

6. 機動戦士Zガンダム

自分にとっては全く違う時代の作品なので、客観的に楽しむことが出来ます。Zは特に、そのカオスっぷりが斬新に感じられ、ガンダムシリーズの中では一番好きです。

 

6. 機動戦士ガンダム

改まって語るほどの事は無いのですが、自分の知らない時代の人たちの本気を感じることができたことが最高の喜びです。世界観、人物、モビルスーツ。どれほどの想像力がこの作品のために費やされたのかと創造すると、それを消費することのあまりの贅沢さ加減に感動を覚えます。

 

6. 涼宮ハルヒの憂鬱

何よりもその、挑戦し続ける姿勢に敬意を表します。これはスタートアップ企業が見習うべき姿勢です。萌え系アニメの典型で偽装された表層部の内側に、純粋な作品としての魅力が潜んでいるなどとは想像すらしませんでした。常に期待を裏切り続けながら「やりたいことを貫いている」姿勢には刺激を受けずにいられません。

 

6. 秒速5センチメートル

1秒もかからずに虜になってしまうアニメなど、他に見たことがありません。見た瞬間、落ちる感覚がいまも残っています。そしてタイトルを見るだけで、トラウマに触れられたように感情が動かされる。アニメをあまり見ないという人には、真っ先におすすめしている作品です。

 

10. 少女革命ウテナ

卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく。世界の殻を破らねば、我らは生まれずに死んでいく。

世界を革命する力を!

こんなに力強く攻撃的なメッセージがあるでしょうか。世界がどうとか、戦争がどうとかは無関係に、自分の欲望のために革命を起こすという潔さは、自分の心に突き刺さりました。まさにクレイジー。後にも先にも、こんな作品はもう見れないだろうなと思わせてくれるところに開拓精神を感じるとともに、ギザギザに尖った感性に触れて頭が混乱する感覚が快感でたまりません。

 

人を動かす要素

このプロセスを通して、改めて自分が何に重きをおいて物事を良いと評価しているのか、そして何が人を、少なくとも自分を動かすことができたのかが見えました。まとめてみると次のようになります。

  • 脳がかつて感じたことのない刺激を感じることが出来る
  • 新しい分野・領域へ導くトリガーが含まれている
  • 既存の価値観を破壊し新たな価値基準を創りだす開拓精神を見せつけている
  • 傲慢な欲求を恥ずかしげもなくぶちまけている
  • 余計な飾りを削ぎ落したとしても脳にまで到達するメッセージがある

なるほど。今後自分がアウトプットするときには、これらの要素を含むことを目指します。自分の人生を変えたアニメトップ10とその評価から読み解く人を動かす要素

 

[けいおん!!] 泣いた

No, Thank You!
No, Thank You!

泣いた。こんなに「伝わる」感動があるとは思いませんでした。演出の大勝利です。これだからけいおんはやめられない

以下若干のネタバレ要素ありです。

グダグダな前半

二期、20話。一見するとイライラするほどに思える前半のライブ展開。普通ならこのライブシーンで盛り上げて、感動をさそうところです。現に、一期のライブシーンはクライマックスでした。

ところが今回は MC 中心で、みごとなグダグダ展開。演奏やメンバー紹介といった小さな種は撒きつつも、基本的にはグダグダの強調でした。まさにけいおんといった感じで、いつものようなほのぼの展開を誰もが想像していたと思います。ただ、あまりのグダグダっぷり、唯っぽさのアピールに、違和感を抱くぐらいの展開でした。

けいおんの時間感覚

けいおんの世界の中では、時間がゆっくりと流れています。午後、放課後、日曜日。そんないまなら一瞬とも思える時間が、けいおんの中ではすごくゆっくりとすぎていく。この感覚は間違いなく自分が過去に経験した時間の流れ方です。それはまさに、高校生時代。その思い出を調味料として利用し、けいおんの世界は視聴者の心に入り込んでいくのだと自分は解釈しています。

経験している人が多いからこそ、けいおんの登場人物たちや視聴者同士で共感できる。短いエピソードの中にも、そういったまるで俳句や短歌を読んでいるような濃度を感じます。

唯の心の中

話を20話に戻します。後半の展開を見て涙しながら自分が思ったこと。それは前半の唯の行動の理由です。なぜあれほどグダグダ展開だったのか。

直接唯に聞けるわけでもないので自分の推測でしかありませんが、ただただもっとライブをやりたかったのではないだろうかと考えました。そして、みんなに心からありがとうを伝えたかったのだとも。

自分もバンドをやっていました。だからこそ、その時のステージ上での感動、終わった後の達成感と祭りの後のような寂しさ、そして最後かもしれないという場面での心の苦しさ。それらが痛いほどわかります。もう、見ていて他人事とはとても思えなかったのです。だから最後まで見て、前半の唯の精一杯さに余計に泣かされたのだと思います。

バンドやっていた人は、特にそう感じるのかもしれません。

It also sort of reminds me of the days when I played with my friends at schools and a college.

夕日に染まる部室、セリフ、演技。どれをとっても、記憶の奥底にあるものを揺り動かしたけいおん20話。本当に良い作品に出会えたと心から思いました。

そしてもちろん買いました。

次はこれですね。まだかな。

[連絡] エヴァのためのサーバー安定化対策完了のお知らせ

My Desk With Eva GIrls

見に来たのに見れなかった、という皆様へ。大変申し訳ありませんでした。

エヴァ解説記事が予想以上の方にアクセスいただき、サーバーが悲鳴を上げておりました。現在は安定化のための抜本的な対策を施しましたので、当面問題なく運用できると考えています。

原因

短期間に想定以上のアクセスが集中したため、サーバーハードウェアの処理能力が限界を超え、ダウンしていました。先月アクセス増に耐えうる処置をほどこしたばかりだったのに、今回は予想を遥かに超えるアクセスとなりました。
このブログは WordPress で運用しているのですが、キャッシュやサーバーの設定で回避できる限界を超えていたようです。とうより、単純にハードウェアリソースが貧弱だったのです。

これまでこのブログは、いわゆる自宅サーバーで運用していました。会社で運営している messa.tv とか jp.messa.tv などは Amazon の EC2 上で動いているのですが、実験的なサービスや個人のブログは自宅サーバーで対応していたのです。特別すばらしいマシンというわけでは無かったため、今回のアクセス集中には耐えきれませんでした。

対策

というわけで、このブログも EC2 へ引っ越しました。少し前から Linodo に移動しようと思っていたのですが、今回は緊急での対策が必要であったため、よく知っている EC2 を選択しました。
その他サーバーサイドに細々した設定は施しましたが、WordPress 自体で対処できる事は実行した結果の今回の惨劇だったため、ハードウェア増強以外に選択肢は無かったという結論です。とはいえまだ WordPress 自体チューンアップする余地がありそうなので、時を見て取り組んでみようと思います。

改めて、楽しみにクリックしたのに見れなかったという皆様、申し訳ありませんでした。現在は閲覧可能な状態ですので、ぜひともご覧ください。

お詫びのしるしに今日のデスクを晒します。

Asuka On My Desk

Rei On My Desk

Mari On My Desk

2度目に観るエヴァンゲリオンを10倍楽しむために知っておくべきこと

Evangelion
Evangelion

新世紀エヴァンゲリオン及びヱヴァンゲリヲン新劇場版を楽しむための前提知識をまとめました。タイトルで2度目に観ると明記したのは、ネタバレ要素が含まれるからです。個人的に思うエヴァンゲリオンの楽しみ方は次の通りです。

  1. 何も情報を仕入れずに TV 版から新劇場版までの作品をはじめから最後まで観る
  2. 観終わった後に残った違和感や疑問点を意識してもう一度はじめから観る

とは言え、結局のところ楽しみ方はひとそれぞれだと思いますので、ご自由に。

まとめて観るには DVD を借りる以外にこんな方法もあります。

劇場版は DVD を借りてみてください。順番はこんな感じ。

  1. DEATH (TRUE)2
  2. Air / まごころを、君に
  3. ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 序
  4. ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 破

以下、観る前に読んでしまっても何の保証もいたしません。個人的な感覚ですが、以下のようなことを知ってから改めて観ると、少なくとも10倍は楽しさが増します。

もくじ

  • はじめに
  • あまり知られていない大前提
  • 2つの月とそこから孵った生命体
  • なぜ白き月よりの使徒は黒き月よりの使徒を滅ぼしたいのか
  • サードインパクトによって何が起こるのか
  • 人類補完計画とその目的
  • エヴァンゲリオンにおける生と死
  • 新劇場版完結への期待
  • 参考 Web サイト
  • エヴァンゲリオンと自分

はじめに

この文章は、自分が長年エヴァンゲリオンを読み解き続けたまとめとなります。未だに結論が出ていないため推測の域を出ないことも多々有ります。自分自身も、ここに書かれたことがすべてでは無いと考えて、日々別の可能性を考えています。ですが、いつまでたってもそれではキリがないので、現状で最も真実に近いと自分が判断した情報をまとめてました。

信じるも信じないも自由です。真実を追い求めることが良いことなのかどうかもわかりませんが、そこは加持さんの言葉を借りたいと思います。

ただ、真実に近づきたいだけなんです。ぼくの中のね。
第弐拾壱話: ネルフ、誕生 – 加持リョウジ

あまり知られていない大前提

企画段階で設定されていたものの、アニメ版では触れられていなかった大前提をはじめに紹介します。引用は Wikipedia から。

この宇宙に初めて誕生した知的生命体。彼らは生命の種を複数宇宙に蒔き、地球には「アダム」と「リリス」という2種類の種が落ちた。先に地球に到達したのはアダムを乗せた「白き月」であり、これは現在の南極大陸に存在した。しかし後にリリスを乗せた「黒き月」も地球に落下する。エヴァ世界ではこの衝突が月形成の原因となったジャイアントインパクトである。

宇宙のどこかに高度な知的生命体、第一始祖民族が存在し、その知的生命体が宇宙に生命の種を撒いた。それが黒き月と白き月であり、地球には2つもの種が飛来してしまった。そして始まったのが、エヴァンゲリオンの物語です。

地球に月が誕生したジャイアントインパクトが、実は黒き月の飛来によるものだったというこの設定。この大前提がアニメ版で一切語られなかったために、多くの議論を呼ぶきっかけとなりました。ちなみにこのジャイアントインパクトが、ファーストインパクトとなります。

他の生命を生み出す存在。第一始祖民族とは、神そのものです。

参照

2つの月とそこから孵った生命体

地球に落ちた生命の種は次の2つ。

  • 南極に落ちた白き月
  • 箱根に落ちた黒き月

それぞれはからは次のような生命体が孵ります。

  • 白き月: 第一使徒アダム
  • 黒き月: 第二使徒リリス

そしてアダムからは、第三サキエルから第十七タブリスまでの使徒が生まれます。一方のリリスからは、第十八使徒リリンが生まれます。

リリンとはすなわちヒトです。

シンジ君、私達人間もアダムと同じリリスと呼ばれる生命体の源から生まれた十八番目の使徒なのよ。他の使徒達は別の可能性だったの。
第25話: Air – 葛城ミサト

つまりエヴァンゲリオンとは、白き月よりの使徒と黒き月よりの使徒との生き残りをかけた戦いの物語なのです。

なぜ白き月よりの使徒は黒き月よりの使徒を滅ぼしたいのか

エヴァンゲリオンとは生き残りをかけた戦いの物語だと言ったとおり、白き月よりの使徒の目的は、黒き月よりの使徒を滅ぼし、自分たちが生き残ることです。

第十七使徒タブリス(渚カヲル)の言葉を借りれば次のようになります。

さあ、僕を消してくれ。そうしなければ、君らが消える事になる。滅びの時を免れ、未来を与えられる生命体はひとつしか選ばれないんだ。そして、君は死すべき存在ではない。君達には未来が必要だ。
第弐拾四話: 最後のシ者 – 渚カヲル

では、どのようにすれば他方を滅びし、自らが生き延びることができるのか。その答えが、サードインパクトです。

参照

サードインパクトによって何が起こるのか

サードインパクトが起これば、生命体は LCL に還元されます。つまり、生命の源に還るのです。言い換えるならば、現状の形を捨て、生命体がリセットされることになります。そのリセットの後、再構築が行われ、未来を与えられる生命体が選ばれます。
そう、白き月よりの使徒と黒き月よりの使徒との戦いは、サードインパクトを引き金として起こる事態の主導権争いなのです。

では、そのサードインパクト、生命体のリセットと再構築は、何によって起こるのでしょうか。

旧約聖書創世記によれば、ヒトは知恵の実を食べ、楽園を追い出されたと言われています。楽園を追い出された理由、それはもしヒトが知恵の実に続き生命の実を食べてしまったら、ヒトが神に等しき存在となるからです。

神である主は仰せられた。「見よ。人はわれわれのひとりのようになり、善悪を知るようになった。今、彼が、手を伸ばし、いのちの木からも取って食べ、永遠に生きないように。」
そこで神である主は、人をエデンの園から追い出されたので、人は自分がそこから取り出された土を耕すようになった。
創世記第三章

このことは原罪と呼ばれ、以来ヒトはこの罪を背負い続ける運命を歩んでいると考えられています。

エヴァンゲリオンにおいては、ヒト以外の使徒たちは生命の実を食べたとされています。その証拠に彼らは S2 機関を搭載し、無限の生命力を持っています。

では、知恵の実と生命の実がそろい、神に等しき力を得た者が誕生した場合はどうなるのか。その神に等しき力を得た者の意思に従い、生命体がリセットされ、再構築されるのです。

この世界の理を超えた新たな生命の誕生。代償として、古の生命は滅びる。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版: 破 – 赤木リツコ

参照

人類補完計画とその目的

サードインパクトによって生命体がリセットされ、再構築されると説明しました。その生命体をつくり直す過程で、ヒトが持つ原罪を晴らし、新たな生命体として生まれ変わることこそが、人類補完計画の目的です。

ただし、この計画を別の目的に利用しようとする者もいました。それが碇ゲンドウです。ゲンドウは神と同等の力を得て、碇ユイに会うこを目指しました。原罪を晴らすことではなく、なおも神の掟を破り、ただユイに会うことを目指したのです。

人類補完計画とは、これらの異なった思惑が交錯するものでした。

エヴァンゲリオンとアダム及びリリスとの関係

まずエヴァンゲリオンとは、結論から言えば、力で劣るリリンが白き月よりの使徒たちを殲滅するために自らの持てる最大の力、科学力を駆使して生み出した使徒殲滅のための兵器です。そして同時に、人類補完計画の際に依代となる存在でもあります。

エヴァンゲリオンを建造するにあたり、アダム及びリリスをコピーしたため、両者はいわばクローンのような関係にあります。もう少し詳しい解説を付け加えるためには、エヴァンゲリオンの生みの親である存在から語る必要があります。

ゼーレ

裏死海文書に従って、人類補完計画の遂行をめざす秘密結社です。全世界を操作できるほどの権力を持つ組織であり、エヴァンゲリオンの建造も、人類補完計画遂行のためにゼーレの指示の下行われました。
裏死海文書とは、ゼーレの行動指針となっている文書のことです。どこでどのように発見されたのかは不明ですが、使徒の襲来やサードインパクトの詳細、人類補完計画の目的などあらゆる事柄が記載されているものと思われます。

ネルフ(旧ゲヒルン)

ゼーレがエヴァンゲリオンの建造と来るべき使徒襲来のために設立した組織です。

歴史

ゼーレ及びその指示のもとネルフ(旧ゲヒルン)が行ったことのうち代表的なものは以下の通りです。

  1. 裏死海文書の記述に従い南極を探索
  2. 白き月と第一使徒アダムを発見
  3. ロンギヌスの槍を使いアダムとヒト(碇ユイ?)の遺伝子を結合して渚カヲルを生み出す
  4. この時セカンドインパクトが起こり地球の生命体の大半が消滅
  5. 引き続き死海文書の記述に従い箱根を探索
  6. 黒き月と第二使徒リリスを発見
  7. ロンギヌスの槍を使いリリスと碇ユイの遺伝子を結合して綾波レイを生み出す
  8. 来るべき第三使徒から第十七使徒までの襲来に備えて人工の使徒エヴァンゲリオンを建造
  9. リリスをコピーして零号機と初号機を建造
  10. 零号機には赤木ナオコの魂を入れる(碇ユイの魂だとも魂が無いとも言われている)
  11. 初号機には碇ユイの魂を入れる
  12. セカンドインパクト時に卵にまで還元していたアダムをコピーして弐号機以降を建造
  13. 弐号機には惣流キョウコツェッペリンの魂を入れる

エヴァンゲリオンとアダム及びリリスとの関係

ここまでの説明で重要なのは次の点です。

  • 渚カヲルはアダムの魂を持っている
  • 綾波レイはリリスの魂を持っている
  • 零号機と初号機はリリスのコピー
  • 弐号機以降はアダムのコピー
  • エヴァンゲリオンにはヒト魂が入れられている

つまりエヴァンゲリオンは、アダム及びリリスをコピーして造られたものであるが、魂はコピー出来なかったため、ヒトの魂を入れてあるのです。

人は神様を拾ったので喜んで手に入れようとした。だから罰が当たった。それが15年前。せっかく拾った神様も消えてしまったわ。
でも今度は神様を自分たちで復活させようとしたの。それがアダム。
そしてアダムから神様に似せて人間を作った。それがエヴァ。
(中略)
本来魂の無いエヴァには、人の魂が宿らせてあるもの。みんな、サルベージされたものなの。
魂の入った入れ物はレイ、一人だけなの。あの子にしか魂は生まれなかったのよ。ガフの部屋は空っぽになっていたのよ。
第弐拾参話: 涙 – 赤木リツコ

エヴァンゲリオンにおける生と死

生死を分ける境目はどこになるのか。これはエヴァンゲリオンを読み解く上で重要な概念だと考えられます。重要なキーワードの解説から、その答えを探ります。

コアと A.T.フィールド

使徒を構成する要素として、コアと A.T.フィールドが挙げられます。

コアとは自我を意味しています。使徒はコアを持ち、コアを破壊されると死にます。それは即ち、すべてに生命体は自我を持っており、その自我が崩壊した時、死を迎えるという意味です。

A.T.フィールドとは、渚カヲルが言う通り、心の壁を意味しています。自分と他人の間にある壁、言い換えるならば、自我の壁です。もしこの A.T.フィールドが無くなれば、生命体は LCL に還元され、生命の源に還ります。サードインパクトが起こってヒトが LCL と化したのは、A.T.フィールドを失ったからなのです。

リビドーとデストルドー

リビドーとは、性及び生への衝動を意味します。つまりは生きることへの欲動です。一方のデストルドーは、死への欲動を意味します。これらの欲動がせめぎ合っているのが生命体です。

自我の壁である A.T.フィールドが発生するのは、生命体に生への欲動が存在するからです。その生命体がもし生きる欲動を無くし、死への欲動に支配されたらどうなるでしょうか。当然、A.T.フィールドの消失、自我の崩壊、生命体としての死が始まるのです。

参照

ロンギヌスの槍が持つ力

重要なシーンで登場するロンギヌス槍。その特殊性はどこから来たのでしょうか。それはロンギヌスの槍が持つ力に由来します。

ロンギヌスの槍は、エヴァンゲリオンにおいてはデストルドーの象徴として描かれています。ロンギヌスの槍は A.T.フィールドをいともたやすく貫き、使徒やエヴァを死に至らせます。

A.T.フィールドを貫きコアにロンギヌスの槍が突き刺さるということは、心の壁を貫き自我に死の欲動が突き刺さることと同義です。

つまり、ロンギヌスの槍はデストルドーの発生源となり、攻撃対象の生命体をデストルドーで覆い尽くし、生きる意志を奪う槍なのです。

エヴァンゲリオンにおける生と死

まとめると、エヴァンゲリオンにおいては、自我を失い、自分と他人との境目がなくなることが死であるとされています。また同時に、生きる意欲を失うことも、死であるのです。

新劇場版完結への期待

ここまでエヴァンゲリオンについてこれまでに読み解いたものをまとめてきましたが、完結へ向けての期待も少し残しておきたいと思います。

これまでに公開された新劇場版から、すでにおもしろい推測が出ています。新劇場版は旧劇場版の続きではないかといったループ説などです。その証拠として、西暦が不明であったり、海水が赤かったり、月面に旧劇場版時の血痕のようなものが残っていたり、人類補完計画中間報告書の番号が上がっていることが挙げられています。
はたしてその真相はどうなのでしょうか。どの説もまだ推測の域を出ないですし、完結した後に結論が出るのかも不明ですが、こうやって待つことこそ最大の楽しみなのかもしれません。

個人的に特に知りたいのは、真希波マリイラストリアスの正体について。ベタニアというキーワードから、マグダラのマリアの象徴では無いかという説など、深読みする要素が満載です。

参照

参考 Web サイト

ここにまとめた事柄は、自分で思いついたことではありません。そのほとんどが、書籍や Web 上の情報で構成されています。書籍類を手にしていたのは十数年前のため、タイトル等を失念してここに掲載できないことが残念でなりません。

エヴァンゲリオンと自分

最後に少しだけ、エヴァンゲリオンに関する思い出を。

中学生時代に友人からエヴァンゲリオンのテレビ録画ビデオを借りたことが、すべてのはじまりでした。アニメにすらそれほど興味が無かった自分は、そんなのにハマるやつはオタクだとバカにしながら借りたのを覚えています。
エヴァンゲリオンの DVD を集め始めたのはその直後。当時まだ DVD 自体が出始めだったため非常に苦労しながら DVD を集めたことを昨日のことのように思い出します。

その後は、来る日も来る日も繰り返し見てはわからない言葉をかき集め、調べる毎日。極度の読書嫌いだった自分が、宗教、心理学、軍事技術、コンピューターサイエンスなどなど、多岐に渡る本を読みあさるきっかけとなりました。辞書や聖書を最初から読んでいくとか、いまでは考えられないほどの力を注いでたものです。

こうやって振り返ってみると、明らかにいまの自分の興味関心、さらには生き方が、エヴァンゲリオンの影響を受けていると感じます。

いまのところ、後悔はありません。

シンジ君。俺はここで水を撒くことしか出来ない。だが君には、君にしか出来ない、君になら出来ることがあるはずだ。誰も君に強要はしない。自分で考え、自分で決めろ。自分が今、何をすべきなのか。まぁ、後悔のないようにな。
第拾九話: 男の戰い – 加持リョウジ

萌え要素に学ぶブランディング戦略

Haruhi cake for my 25th birthday
Haruhi cake for my 25th birthday

Kaizen に次ぐ、日本が生み出した偉大な日本語である Moe について、ブランディング戦略への取り入れという視点で考えてみました。

きっかけは、映画「涼宮ハルヒの消失」。映画の感想は別の機会に譲るとして、この萌えの最上級作品を目の当たりにした自分は、何か自分の生き方への応用を模索せずにはいられなかったのです。

前置きは以上で、まずは萌えの歴史的背景から振り返ります。萌え要素は、それが萌えと呼ばれるようになる以前から、多くの作品に取り入れられてきました。さかのぼるときりがないので、自分がさかのぼることのできる限界まででとどめます。

萌え紀元前: 萌えでは無くセクシーであった時代 ’80

かつて男性をメインターゲットとした作品では常に女性が登場しました。例えそれが男のロマンを描いた作品であったとしても、女性の登場は必須でした。理由は単純明快。

  • いくらすばらしい作品でも見てもらえなければ良さが伝わらない
  • 見てもらうためには観客に最初の一歩を踏み出させる強力な動機付けが必要
  • 生物としての本能に訴えかけるために女性を登場させよう!

そして、男のロマンの中に女性という構図で観客を集めることに成功しました。

この時代の代表作としては以下のものが上げられます。括弧内はシンボルとなった女性。

  • 北斗の拳(マミア)
  • ドラゴンボール(ブルマ)

しかし、この時はまだ萌えではなくセクシーでした。他の作品との差別化を図りながらも、ライバルより刺激的なアピールをし、より多くの観客を取り込むという競争が過熱していきます。そのためのアプローチは、ただただ刺激を強めるというものでした。ここで言う刺激とは、セクシーさ。つまり、社会の倫理基準の限界を攻める形で、よりセクシーさを強調する戦いが繰り広げられたとも言えます。

萌え元年: 萌え要素の誕生とセオリーの確立 ’90 前半

過当な競争が繰り広げられた結果、セクシーはただのエロへと成り下がります。そこで革命が起こりました。それは、ただのエロではなく恋愛感情を持たせることによって観客を取り込むというアプローチの誕生でした。当時は言葉こそ広がってはいなかったものの、これがいわゆる萌え要素の誕生だと自分は考えています。

恋愛感情を作品として取り込むためには、より多くの観客の趣味嗜好にアピールする必要性が出てきます。そこで採られた戦略は、あらゆる萌え要素を宝石箱のようにちりばめるというアプローチでした。その結果作品の目的は恋愛が主体となります。これと家庭用ゲーム機の普及が重なり、これまでには無かった恋愛を最終目的としたジャンル、恋愛シミュレーションが誕生しました。

  • ときめきメモリアル
  • サクラ対戦
  • その他多数の作品

この恋愛シミュレーション最盛期に、あらゆる萌え要素が発見されます。誰もが心に抱いていた順当なものから、各作品の熾烈な新要素発掘の結果から生み出された予想を覆す要素まで、その功績は多岐に渡ります。代表的なところだけでも下記のようになります。

  • 清純派
  • 幼なじみ
  • 姉系
  • 妹系
  • ドジっ子
  • メガネっ子
  • 金髪
  • ボクっ子
  • 無口
  • ツンデレ

恋愛シミュレーションにおいては作品のメッセージ性以上に、恋愛が強調されるため、作品として深さやメッセージ性を持ち合わせることが非常に困難になります。ただ、その状況を打開したのが、サクラ大戦や PC ゲームでした。ストーリーと萌え要素の複合技の誕生は、こうして起こりました。

またこの時、後の歴史を決定づけていく萌え要素の組み合わせセオリーが次々と確立されます。

ちなみに、実際に「萌え」という言葉が誕生したはこの頃だと言われています。萌えの語源説となっている恐竜惑星も見ていました。

萌え発展期: 萌え要素が起こしたセカンドインパクト ’90 後半

萌えが誕生したその直後、いよいよ革命が起こります。その革命とは、圧倒的なストーリーとメッセージ性を主体とした上で、さらに萌え要素を盛り込み、一世を風靡する作品が登場したのです。その作品とはご存知、新世紀エヴァンゲリオン

作品のもつ本来の魅力に、観客を引きつける強力な動機付けとなる萌え要素。これらが引き起こす化学変化は、まさに地軸をゆがめるほどのものでした。

エヴァンゲリオンは、ただ萌え要素をうまく使っただけではありません。恋愛シミュレーションとの明確な違いである、萌えの2大要素化を確立しました。

これは、萌え要素をただたくさん取り入れるのではなく、ピンポイントで強調すべき2つの要素に絞り込んで競わせることにより、さらなる熱狂を生み出す戦略の確立です。これを僕は萌え要素のデュアルコア化と呼んでいます。

萌え要素のデュアルコア化とは、具体的には2つの大きな「差別化された」萌え要素を全面に押し出し、その2つの要素の相乗効果により、観客をより深いレベルに誘い込むことを意味します。
例としては、「レイ派」と「アスカ派」に別れて議論しているうちに、ストーリーのより深いレベルに入り込み、議論の目的が作品の理解へと変わっていくことなどが挙げられます。
これを実現するためには、作品本来の主体であるストーリー性やメッセージ性との相乗効果を狙える萌え要素を意図的に取り入れる必要があります。エヴァンゲリオンとは正に、それを実現した作品でした。

萌え最盛期: キャズムを超えた萌え ’00

デュアルコア化した萌え要素の勢いは止まりません。ここから、次々とデュアルコア萌えが登場します。正当作品であったガンダムシリーズでさえ、デュアルコア化していきます。

  • 交響詩篇エウレカセブン(エウレカとアネモネ)
  • ガンダムSEED(ラクス・クラインとカガリ・ユラ・アスハ)

そしていよいよ、萌え文化が生み出した最高傑作が登場します。

その作品こそ、涼宮ハルヒの憂鬱

ハルヒのすごいところは、発展期以降守られてきたストーリー性やメッセージ性を維持したまま、それを全く全面には出さず、あえて萌え要素のみを全面に押し出すことにより、観客の期待を大きく裏切ったところにあります。さらにその強調された萌え要素が芸術的なレベルで設計されており、萌えのデュアルコア化に加えて、下記のような手法が採用されています。

  1. 萌えとセクシーの両立
  2. 距離感の演出
  3. 新興市場の提供

1. 萌えとセクシーの両立

涼宮ハルヒ、長門ユキというデュアルコア化された萌え要素と、朝比奈ミクルというセクシー要素を共存させることにより、あらゆるレイヤーで観客を取り込んでいます。これが SOS 団員の女性が3名である理由であり、大ヒットの理由だと考えられます。誰が欠けても、どの役割が不足していても、このヒットは無かったと言えます。

2. 距離感の演出

これは、単なる恋愛シミュレーションにしないための措置です。多くの萌え要素を取り入れた結果起こりえるのが、萌え要素のハイパーインフレ。恋愛シミュレーションを経て、行きつく先はエロという名の市場崩壊です。そうなっては人々に受け入れられるどころか、作品本来のファンすら離れていく結末が待っています。
ハルヒではそれを避けるために、あえて主要萌え要素以外とは距離を置く設計が採用されています。名前を与えなかったり、恋愛感情の発生を抑制する関係に配置したり、悦妙なバランスを保っています。キャラの立ち位置ひとつとっても、非常にうまく設計されていることがわかります。

3. 新興市場の提供

市場全体の盛り上がりに欠かせないのが、その下支えとなる組織の存在です。ハルヒの場合は、主要メンバー以外のキャラクターにも適切に萌え要素を配置し、一定のファンを獲得しに行っています。先ほど距離感が重要だと述べましたが、デュアルコア萌えのみが孤立してはいけないのです。マイナーなキャラクターでも、それを応援する観客が必ず現れます。その観客の存在が、市場全体を盛り上げるのに大いに貢献するのです。

マーケティング戦略において重要な萌え要素とは

作品を作りあげ、それをより多くの観客へ届けたい。これは、アニメ or マンガ製作者、企業経営者、共通の願望です。そして、萌え要素を上手く取り入れて結果を残したアニメ or マンガ製作者に習い、企業経営者には何ができるでしょうか。

分かりやすく挙げられるのは、ブランディングの際意識すべきポイントだと考えます。ハルヒが成功した最も大きな要因と僕が考える、デュアルコア萌え+セクシーは、アテンションエコノミー全盛の現代社会において、非常に有効なブランディングの手法だと考えます。

マーケティング戦略における萌え要素

萌えとはすなわち、最大のアピールポイントです。ここで言う最大のアピールポイントとは、目的を達成するために必要となる最も必要な要素のことです。それを2つ見極めることが、まず必要です。

マーケティング戦略におけるセクシー要素

セクシー要素とは即ち、本能に訴えかける明確なメリットです。本能は単純な判断を行います。可能な限り分かりやすく、ダイレクトに響く要素を見つける必要があります。

ハルヒメソッド

これら3つの要素を組み合わせ、訴求していく手法をハルヒメソッドと呼び、今後自分は使っていこうと考えています。実はいくつか実験的に取り入れているのですが、2 + 1 に絞り込むのはなかなか難しいです。

篠原裕幸(Hiro SHINOHARA)の場合はどうか

実践してみます。自分個人のブランディングを考えたとき、この 2 + 1 はどう活かせるでしょうか。直感的に浮かんだのはこれ。

  • Podcaster, Founder of messaliberty, Anime Otaku.

ですが、客観的に見ればまだ各要素が弱いのが現実。それを強化していくと共に、各要素の弱さを補完していくブランディング戦略が必要です。今後の自分の活動を通じて、この考えを実験してみます。

けいおん!と音楽

久々でいきなりアニメの話題ですが、「けいおん!」は実にすばらしかった。あのクオリティの高さが京アニのブランドなのだと再認識。同時に、あんなクオリティを生み出したいと改めて思いました。アニメ作るわけじゃないけど。

そんな「けいおん!」とは関係ないけど、ちょっと感動した世界のけいおん動画。

Stand By Me | Playing For Change | Song Around The World from Concord Music Group on Vimeo.

Via Digg.com: Best Video I’ve Seen Today Will Make You Smile

冬月先生に学ぶエンジニアの思考

冬月: 「君たちの仕事は何だ?」

アスカ: 「EVA の操縦。」

冬月: 「違う!使途を倒すことだ!」

僕たちの仕事は何だろうか。コードを書くこと?違う、問題を解決することだ。

かっこよく使途を倒そうとして自ら問題を拡大し、挙げ句の果てに UN の支援を受けるぐらいなら、泥臭くても目の前の使途を倒すべきだ。もし自分が使途を倒す役割ではないのならば、その支援を全力でやる。そのときに最も適した役割が、必ずあるはずだ。

レイ: 「あなたは死なないわ。私が、守るもの。」