[書評] レボリューション・イン・ザ・バレー

初代 Macintosh 開発の秘話を当時のメンバーが振り返った伝記。それがこの本です。福音書みたいなものです。

だいぶ前に読んでいたのですが、さっき Mac の中を整理していたら読書ログのファイルが出てきたので、その中にあった引用を貼り付けます。途中抜けてる気がしますが、印象に残ったシーンです。主に Steve Jobs の言動に関するもの。

P.19

「だめだ。そんなことで時間を浪費するんじゃない!Apple II がどうした?Apple II はあと2、3年で終わりだ。君の OS なんか完成する前に時代遅れだ。Macintosh が Apple 社の将来を担っている。君は今すぐにその仕事に取りかかるんだ!」
そう言うと、彼は僕の机の脇まで来て、Apple II の電源コードを見つけ、それを強く引っぱってコンセントから引き抜いてしまった。

P.44

「もしもし、Steve Jobs ですが、Adam Osborne をお願いします。」
秘書は Steve に、Osborne 氏は翌朝にならないとオフィスには戻らないと伝え、何か伝言があるかと聞いた。
「ああ」と Steve は答えた。彼は少し間をおいてから、「これがメッセージだ、Adam に、このクソ野郎、と伝えてくれ。」
秘書がそれにどう答えたらいいのか思いつくまでに長い時間がかかった。Steve は続けた。「もう一つある。Adam は Macintosh に興味があるそうだが、こう伝えてくれ。Macintosh はとてもよくできているから、たぶん自分の子供に2、3台買い与えたくなるだろう。そのせいで自分の会社が倒産に追い込まれたとしてもな!」

P.45

「プリント基板がどう見えるかなんて、誰が気にするんですか?大事なのは、どれだけうまく動作するかってことでしょう。誰もプリント基板なんて見やしませんよ。」
Steve は強う調子で反論した。「俺が見るんだよ!俺は、たとえ箱の中に入っているものでも、可能な限り美しくあって欲しいんだ。優れた大工はキャビネットの裏に使うからといって、質の悪い木を選んだりしないものさ。そんなとこ誰も見なくてもな。」

P.47 まとめ

金曜の夕方に設計したプリント基板が届いて、翌日の朝に組み上げるか、月曜まで待つかを考えていると、Steve は言った。
「月曜日?冗談だろ?Burrell、お前のプリント基板なんだぜ。動くかどうか、今夜中に確かめたくないのかよ?よし、こうしよう。もし今晩中に基盤を動かすことが出来たら、お前と、その周りにいる連中にも、パイナップルピザをおごってやるよ。」
その後、夜に電源投入。電源は入ったが、起動までは行かなかった。みんなはがっかりしたが、Burrell は違った。
「そんなに悪くないじゃん。つまり、RAM とビデオ回路は、とりあえず動いてるってことさ。プロセッサはリセットされてないけどね。あともうちょっとってとこかな。でもお腹が空きすぎて、もうこれ以上はできません。もうパイナップルピザの時間じゃないかと思うんですけど。」
Steve はにっこり微笑んで、初日にしては上出来だし、もうお祝いの時間だと言った。

P.50

「まあ、エント楕円はよくできたな。でも角の丸い長方形はどうだ?それも今できるのか?」
「いや、そんなことできませんよ。」と Bill は食いかかった。「実際、そんなことをするのは面倒だし、さほど必要だとは思えませんけどね。」Bill は Steve が高速な楕円を絶賛しもしないで、それ以上のものを要求することにむかついているようだった。
ここで Steve に火がついてしまった。「角の丸い長方形なんて、そこら中にあるだろ!この部屋を見回してみろ!」
中略
「OK。参りました。思っているほど難しいかどうか、やってみます。」
翌日の午後、Bill は満面の笑みを浮かべて Texaco Towers に戻ってきた。彼のでもは見事に角の丸い長方形を、ほとんど普通の長方形と変わらない、猛烈な速さで描くようになった。

P.72

何よりも、Steve Jobs は自分のことを芸術家だと思っており、設計チームにも同じように考えるように勧めていた。最終目標は、強豪を打ち負かすことでも、多大な収益を上げることでもなく、可能な限り最高の仕事、それをわずかでも超えるような仕事をすることだった。
そして Macintosh のケースの内側に、チームのメンバー個人のサインを刻んだ。
ほとんどの購入者はサインを見ることはないだろうが、誰もそれに気がつかなくても、自分たちの名前がそこにあるという誇りを持つことができるのだ。

P.288, Father of the Macintosh

もし究極的に誰か一人だけが栄誉を受ける資格があるとしたら、僕が迷わず選ぶのは、Steve Jobs だ。似た形のものはできたとしても、もし Steve がいなければ、この Macintosh は絶対に誕生しなかった。他の人々も創造的な仕事を実際にしたが、Steve のビジョン、卓越に対する情熱、そして強靱な意思は、彼の恐ろしいほどの説得能力は言うに及ばず、チームを駆り立て、自ら設定した不可能と思われるような基準を満たし、あるいはそれを超えさせることになった。Steve は Macintosh を動かす影の原動力だという多くの評価をすでに受けている。僕に言わせれば、それはまったく当然のことなのだ。

[書評] スティーブ・ジョブズ 神の交渉力

Steve's Negotiation 01

Steve Jobs にまつわる数々のエピソードを取りあげ、「交渉スタイル」に焦点を絞って解説した本です。Steve本、あるいは Apple本を複数読んだ事がある人であれば、ほとんどがすでにどこかで目にした事のあるエピソードばかりです。Steve苦難の時代がメインとなるので、Pixar や NeXT に関するエピソードも多く含まれています。帯やタイトルから感じるようなノウハウ本では決してありません。テクニックだけを盗んでマネすると大失敗しか残らないようなエピソードばかりです。

さらりと読み終わりましたが、この本から読み取れる Steve の交渉に対するスタンスは以下のようになります。

  • 人を信じるな
  • 目的達成のためなら人を裏切れ
  • 自分の都合が最優先

これだけ見るととんでも無いヤツですが、その認識は間違いでは無いでしょう。言い換えて一言にまとめるのならば、こうなります。

  • 絶対に自分の直感は裏切るな

いつどんな時でも自分の直感が最重要であり、周りの雑音に惑わされずそれのみを信じて突き進む。目の前にある物が自分の信じた物と違うのならば、それは間違った物である。その考えを貫き、組織として目標を実現するには、まさに独裁以外の方法はありえません。それこそが Steve の経営方針、生き方の神髄ではないでしょうか。

また、自分の弱点を改善するぐらいなら、ひたすら得意分野に磨きをかけるという考え方も、直感に従うのならば当然の人生戦略です。たとえそれが諸刃の刃になろうとも、自分の内なる声だけは裏切らなければ、物事は最終的には良い方へ転がる。Steve の生き方とその半生を見て、僕はそう感じています。

Steve's Negotiation 02

印象に残ったのは Steve のこの言葉。P.218より。

「人生で大きな決断を下す際にもっとも助けになったことは、もうすぐ死ぬということを頭に入れておいたことだ。周囲の期待やプライド、または失敗や恥への恐怖は、死を前にすると消え去り、本当に大事なことだけが残る。自分の気持ちに従わない理由はない」

なぜそれほどまでに直感に従うのか、そして「常識」に従わないのか。すべてがつながりました。中途半端では意味がない。やるのならば常識を覆すほど、徹底的にやる。

Google の iPhone アプリ

Google の iPhone アプリをインストールして、音声検索を使ってみました。英語だけだから、がんばってきれいに発音しないといけません。

音声検索自体はそれほど驚きではないものの、iPhone 上で動くことによる大きな可能性を感じます。位置情報と音声による案内・・・。

詳しくは Google の動画をどうぞ。

GPS、電話・・・。今後が楽しみなアプリです。

衝撃の iPhone アプリ

Digg 経由で知った衝撃の iPhone アプリ。

Apple’s iPhone-App-Approval Mouse Falls Off Treadmill: Buy The $1000 App That Does Nothing (AAPL)

Behold: “I Am Rich,” a $999.99 app from Armin Heinrich, which just displays a red gem on the phone’s screen — nothing else.

考えたヤツ天才としか言いようがないwww

Digg での反応はこちら。

Digg – THE 1000 dollar iPhone app, that does NOTHING

予想GUY!iPhone 発売イベント at ヨドバシカメラ梅田

いまヨドバシでこれ書いてます。ついにやってきました。iPhone が日本で発売される歴史的日です。当日に買えない僕が来ましたよー。

たまたま12時前にヨドバシの近くを通ったので、イベントをやっているはずだと思い立ち寄ってみました。

するとかなりの報道陣。しばらく見て帰ろうかと思ったら、予想GUY の Dante Carver が登場。これからみんなでカウントダウンをすると言うではないか。

歴史的な瞬間へ向けたカウントダウンの様子はこちら。

なんか、日米の温度差を感じました。しゃべってるのも、叫んで反応してるのも、カウントダウンしてるのも、司会+ヨドバシの中の人だけ。僕も1人で行ったからしずかに見てましたよー。

あと、副社長もいました。何の副社長かは不明。おそらくソフトバンクモバイルの副社長。

当然ながら当日の整理券はもう無し。ヨドバシで明日買える分の整理券をもらえたのですが、8GB Black しか無いとのことなので、今日の所はスルー。来週になると思いますが、密かに押さえてもらっている 16GB Bkack を買いに行きます。

関西のみなさん、今日の夕方のニュースは見ましょう。そして、オレンジのTシャツにサングラスの男が群衆の中にいれば、それは僕です。

僕が iPhone を買う理由

コメントへの返信です。

Source Code of My Life: iPhone の月額料金

いまの日本の携帯電話で最新のものはこんな感じです。

製造はシャープです。発売されたばっかりの906シリーズです。シャープの方、この端末の製造に関わった方、申し訳ありません。もし iPhone がこんなレベルの商品なら、僕は絶対に買わないでしょう。

僕もいまの docomo では、毎月の請求額は5,000円程度です。ほとんど i-mode も使いません。だから携帯電話としてこれまで通り持つのなら、iPhone の価格設定は高いと言えます。

でも、iPhone はただの携帯電話ではありません。僕は電話機能付きの小さいパソコンだと思っています。どこでもネットにつなぐことが出来る小さいパソコンとなれば、Gmail のチェックやフィードリーダーのチェックなど、できること、やることはいまの i-mode の比ではありません。

さらに全世界の熱狂的な開発者が、毎日のように魅力的な iPhone 向けアプリケーションを提供してくれています。本当に感謝すべきことです。

少なくとも僕自身は、携帯電話の使い方が変わるでしょう。iPod touch も使っていますが、iPod touch で出来ることが街中どこでもできると考えるだけで、世界が広がります。

Apple reinvents the phone というのは、決して大げさな表現ではありません。

日本の携帯電話に慣れ親しんだ僕たちにはまだ想像のできない世界ではありますが、その日がもう目の前にまで来ているのです。ならば僕は喜んで人柱となり、Apple が提供してくれる新しいユーザー・エクスペリエンスを体験するつもりです。

これから先、いまのテクノロジー業界が歴史として語られる時代に、この iPhone は確実に語り継がれているでしょう。どうせ携帯電話を買うのなら、僕はそんな歴史の証人となりたい。

iPhone が買える時代、買える国に生まれて、本当によかった。

PS: 自分へ。信者乙。

Design Matters で考えた Webサイト制作のプロセス

先週、久しぶりに Design Matters に参加してきました。ここ数回、自分のセミナーと日が重なって参加できていませんでした。
Garr さん、いつもありがとうございます。
今回のスピーカーは Ian Cheung さん。テーマは次の通り。
“How to improve your website in 30 mins using Information Architecture”
すばらしい内容でした。さっそく自分たちの Webサイト制作プロセスに、今回学んだ事を取り込んでいます。いっぱいメモって来たので、まとめて社内の Wiki にアップしよう。
特に印象に残っているのは、コンテンツの重要性に関する意見。強引に短くまとめてみると次のようになります。

  • Content is King なのは事実だけど、そのコンテンツを活かすためには、Goal や Audience を見極める必要がある。
  • その Goal に関しても、情報発信側の Goal と情報を受け取る側の Goal がマッチしなければ意図しない結果を招く。

このあたり、プレゼンテーション内で登場した例も非常におもしろかったです。見入っていて、今回は写真を撮り忘れてしまいました。
The Nine Lives – Ian Cheung, Information Architect in Osaka, Japan » Thoughts on my presentation on Information Architecture
プレゼンテーション終了後、いつもはしばらく Appleストアに残っておしゃべりをしています。そして、その後 Nijikai へと移動するわけです。ところが、ちょっとトイレに行きたかった僕たちは、先に Garr さんに店と予約名を聞いて、店でみんなを待つことにしました。
Nijikai へ移動する前、Garr さんが「Nijikai の会場の窓からは Apple のロゴが見える。これは重要なことだよね。」みたいなことを言っててウケましたが、店に行ってみるとほんとにいい位置にロゴが見えましたw
Waiting for everyone
待ってるときの写真。ちょっと人が増えて、これでも足りませんでした。
Great view
ほんとにロゴが見える。絶景かな。Appleファンの心境は、「満月が見える!」みたいな感じです。
English Menu at Izakaya
居酒屋で英語のメニューとかはじめて見たw
Domestic Grown Organic Tofu だったかな、もう何のことかわからなかった。ちなみに、フライドチキンと唐揚げは同じ。
Nijikai も盛り上がったし、ほんと Design Matters っていいなと思いました。今回もまたいい人たちに出会えたし、いくつか英語の Tips も教えてもらったし。
スピーカーの Ian さんとは、イングランドサッカーの話題で熱くなりました。なんてこった。ついに一緒に Champions League で Liverpool を応援する人ができたよ。嬉しすぎる。
ちなみに、彼のやっている Oboeyasui.com もいい!ぜひ使ってみてください。
Thanks, Ian!
次回の Design Matters も楽しみです。
AirMac Extrame
ちなみに今回 Appleストアに行ったついでに、AirMac Extreme を購入しました。それがすばらしいという話は、また改めて。

Apple から無くなって行くもの

新しい iPod が発表されました。表記が iPod! になったりはしていませんでしたが、これで iPod シリーズも完成と言えるのではないでしょうか。以下、新しい iPod を見て気づいたことです。

ムービー再生機能付き iPod nano

nano にもムービー再生機能が付き、これで液晶の付いた iPod すべてでムービーが見れるようになりました。ムービーを持ち運ぶ時代を現実の物とした Apple が、今度はそれをあたりまえの事にしようとしています。
messa.tv もみんな持ち歩いて見てくれるってことかな。
# そのためには早く更新しろと自分に言いたい。

電話無し iPhone の iPod touch

正直、アメリカ以外で買える iPhone としての iPod touch は、僕の予想外の商品でした。確かにこれで、電話が使えなくてもいいから iPhone が欲しいという信者のみなさまや、ガジェット好きのみなさまも満足できるのではないでしょうか。
僕はなんだか悔しいので、電話付きの iPhone を狙っていきますが。
ところで、今回のラインナップを見ていて気づいたことがあります。それは、ホワイトという色の消滅。
iMac が発表されたとき、Jobs は言っていました。

「プロフェッショナルはみんなシルバーが大好きだ。」

その言葉の通り、iMac も、Appleキーボードも、メインカラーがシルバーになっていました。
そしてさらに今回、iPod からもホワイトは無くなっています。iPod classic に用意されたのはブラックとシルバー。
今後も主力商品として存在していくであろう Apple TV や MacBook にはまだホワイトが残っているので、完全消滅するということは無いでしょう。それに、Appleキーボードもキーの色は白いし、iPod もヘッドフォンの色はホワイトです。
それでも、確実に Apple のメインカラーがシルバーに統一される傾向にあることは事実のようです。
HHK for Mac 涙目www まぁ Mac mini 用としてはぴったりの配色だけど。
今夜はコーラを飲みながら、Steve Jobs の Keynote を見ます。なんという贅沢!
Apple – QuickTime – September 2007 Keynote Address