Mac の美しい日本語フォント環境と追加で必要な等幅フォント

IMG_2470.JPG

Serif 系フォントがやたら美しく見えてきた

エディターはもちろん、各種アプリケーションで使うフォントは自分の気にいったものに変更して使っています。1日のほとんどの時間、文字を見たり書いたりしているので、少しでも気分の良くなるフォントを使いたいからです。

とはいってもそれほどこだわりがあるわけではなく、標準でインストールされているフォントの中から選ぶ程度です。特に Mac では、意識しなくても美しいフォントの環境が整っているが嬉しいところです。

Continue reading “Mac の美しい日本語フォント環境と追加で必要な等幅フォント”

ひどい UI デザインに遭遇した

Buttons

写真をご覧ください。今日の午後に定食屋で見つけた水の機械のボタンです。

冷たい水を飲みたいとき、どのボタンを押しますか?一目瞭然で、右のボタンですね。みんなが押すから、色がはげちゃってます。

ですが残念なことに、右のボタンを押しても何も起こりませんでした。これはボタンじゃなくて、ラベルだったのです。何が出るかの説明ラベル・・・。

みんなが間違えて押すから、どんどんボタンっぽくなっていく不思議。なぜこんなことになったのかと言えば、みんなが押し間違えていることに気づいてもメンテナンスをしなかったからでしょう。間違いは誰にでもあります。しかし、間違えても修正することはいくらでもできるわけです。

もしもラベルがはげてきたら、それは何かを変えるべき時かもしれません。