どのようにインターネット上のコンテンツを Input/Output しているか

Information Flow

自分の現状をメモです。図は Cacoo で作成。詳しくは英語版の方に解説を書きました。

Yahoo! Pipes でまとめるところが鍵です。すべてを Yahoo! Pipes でまとめて、FeedBurner 経由で Evernote に取り込むわけです。Google Reader でスターを付けた記事を InstaReader 経由で自動的に Instapaper に取り込み、それを iPad/iPhone で読むのも、高速処理を支援しているポイントです。

ほんとは Fastlader/Livedoor Reader の高速な UI がすばらしいのですが、サードパーティーアプリ/サービスの充実度から、Google Reader を選ばざるをえないのが現状。

[Power of Less] 制限を加えるというアート

OmmWriter

閉鎖的な空間にすべてを流しこむ生活のススメで紹介しているスタイルで本を読んでみるという試みをしました。読みながらメモをとるわけですが、その過程を随時投稿していきました。これはそのメモのまとめです。

Simplicity とは何か

  1. Identity the essential
  2. Eliminate the rest

本質を見極めて、余計な物をそぎ落とすことです。

俳句に学ぶ制限を設定するというアート

By setting limitation, we must choose the essential. So in everything you do, learn to set limitation.
By choosing the essential, we create great impact with minimal resources. Always choose the essential to maximize your time and energy.

制限を設定することにより、より本質に近づかざるを得なくなる。つまり、すべての行動に制限を設定すれば、必然的に重要な事柄に集中することができるという考えです。俳句には文字制限がありますが、それによって伝わるメッセージの質はむしろ上がっているという事が挙げられています。

では具体的にどのように応用するのか。

Have too many emails in your inbox? Apply a limitation: You’ll only check email twice a day, and only respond to five emails each time. You’ll be forced to work more effectively, and only write important emails.

メールの受信箱を開くタイミングを限定し、さらに毎回返信できる数を決めておく。やや強引ではありますが、そうすることによって重要なメールのみ扱うことができます。

また、そのメールの1通1通に対しても制限を設定する。

Stick to a five-sentence limit for emails.

5センテンス以内でメールを完結させるべし。これは激しく共感。個人的には、iPhone で読んでもスクロールせずに返信できちゃうぐらいの文量がベストだと思っています。自分に対してメールを送ってくれる人にそれを強制するのは難しいですが、よくメールをやりとりする相手には説明をしてお互いに余計な文章を撤廃するのはアリだと思います。

それから、全部読むことを諦めるという提案もありました。

Be liberal with the delete key.

これを実践するのはなかなか勇気がありますが、どうしてもさばききれないメールに悩まされるぐらいなら、読まないで処理しちゃうのも方法です。重要なメールなら、また届きます。

シングルタスクの効力

個人的に名言だと思っている一文はこちら。

When you eat, just eat.

頭の中でヨーダが浮かびました。同時に何かをしても、質が下がるだけ。真に集中すべき事柄に従事しているのならば、それ以外のことは忘れ去れというメッセージです。

そして始めたら、終わるまでそれを続ける。目の前のタスクの事だけを考えて、ただただすぐにやる。

Process to done. When you open your inbox, process it until you’re done.

Process quickly. Work your way from top to bottom, one email at a time. Open each email and dispose of it immediately.

真に重要な事柄を成し遂げるためのスケジュール管理方法

最重要ポジションに居座るべきタスクが明らかなのであれば、それから着手するという単純な方法です。

First thing in the morning, work on your most important task.

そしてそんな重要タスクを中心に動くのなら、スケジュールはむしろ組むべきではないという考え方。

Don’t schedule appointments.
If someone requests an appointment, tell them to call you a little before.

予定は組まずに、相手が会いたい時は直前に連絡をくれというアプローチ。実践できる人が非常に限られてくるとは思いますが、考え方としては悪くありません。これができる環境を手に入れることができれば、それは重要なことに集中できている環境だと言えます。

理想は、目の前の仕事に熱中しすぎて次の予定を忘れても OK な環境作りです。

Instead of allowing your life to be ruled by your calendar, let your life be ruled by the moment.

また、断ることも重要です。できないことを抱え込むぐらいなら、はじめからやるべきことを減らす。

Learn to say no.

めっちゃやりたいんやけど、時間あらへんねん。と言えば OK と言ってます。

I wish I could.
I really wish I could it. It sounds great. But I just don’t have the time right now.

断って悪いなんて思うのは傲慢。そんな心配をしなくても、大丈夫です。

Don’t be sorry. Even if the person is insistent that you’re needed for this project, don’t worry – they’ll fond another person to fill the need.

私が死んでも代わりがいるもの。
– 綾波レイ

ですね。

ノイズを断つ

自分も実感していることですが、オフラインになるということはもっと評価されてもいい仕事の仕方だと思います。電話がならなければ集中力が途切れないように、ネットがなければ邪魔をされることも無いし、他にぶらっと注意がそれることもありません。

One of the best things I’ve ever done to increase my productivity is to disconnect from the internet when I want to get focused, uninterrupted, serious work done.

それからデスク周りが片付いていることも重要。とにかく目に入るものに気を使う事は想像以上に効果があります。

Deciliter your work space.
It gives you a zen-like sense of calm.

最後は心に火をつけるしか無い

自分が何としても成し遂げたいと思えることが、難しい目標を達成するには何よりも必要な要素です。ただやりたいというだけでは不十分。貪欲に追いかけたくなるものを真ん中に持ってくることを考えてみるのも良いと思います。

Really, really want it.
It’s not enough to think about it would be cool to achieve something. It has to be something you’re passionate about, something you’re super excited about, something you want deeply.

こらはまさに、自分がのだめカンタービレから学んだ事です。

また、一度着いた火が消えないように、小さく始め、目指すべきたった1つのゴールを意識し、その決意を公にコミットして自分を追い込む。

Start small.

One goal.

Commit publicly.

すべてはただ、あなたが本当にやりたいことを成し遂げるためです。

閉鎖的な空間にすべてを流しこむ生活のススメ

プライバシーの開放と引換に得られるメリットは何か。それを実験するために、先日 Facebook 内にクローズドコミュニティーを作りました。そこに何人か招待して、通常なら一瞬思うだけで Twitter にも Blog にも書かないようなことをバンバン書き込んでいます。

これが、思いのほか快感。躊躇するようなことも遠慮無く言える安心感で、いわば常にブレインストーミングをしているような状態になります。良いところは、そうやって発言したことが記録に残ること。1日の終に振り返って、今日は何を発言しているのかを見るのが楽しみになります。だいたい自分でも何を言ったかはっきり覚えていなかったりするので、新鮮なコンテンツにさえうつります。

さらに良いところは、そんな無責任な発言に対してコメントや Like と言ったフィードバックがあること。誰にも引っかからなかったものと、何らかの影響を与えたものがわかるのは楽しいものです。

というわけで、そんな閉鎖空間に流し込んだ情報を下書きと考え、まとまった情報をアウトプットしてみるという試みをしばらく継続してみたいと思います。これ、オススメです。

紙で作る iPhone ドック

iPhone ドックに3,000円は払えないけど欲しい人!そんな人いっぱい知っています。では、さっき見つけたすばらしいやつを試してみてください。

Dessine moi un objet » Blog Archive » Iphone and Itouch paper stand / dock

こんな DIY tips を探すのは好きですが、今回のはひと味違います。かっこいいし、簡単。ついでに過去に見つけたアイデアもご紹介します。

僕は iPhone ドックを持っていますが、自宅用にもう1個欲しかったので、これを作ってみたいと思います。ちなみにさっき会社で Chapp が試していましたが、普通の紙じゃ強度不足だそうです。柔らかすぎて。

カフェイン無しで目覚める方法

Lifehacker 経由で知って、いいエントリーだと思ったので要所をまとめて意訳してみました。

1. 光を浴びる – 起きたら部屋中の電気を付ける。

2. 体を動かす – 起きたらちょっとした運動をしよう。

3. 10分間耐える – 2度寝をせずに、10分間耐えれば起きれる。

4. クリエイティブな仕事から始める – 文章を書いたりコードを書いたりすることから始める。

5. 朝ご飯を抜かない – 体のリズムを整えることも重要。

6. 寝るスケジュールを決める – 寝る時間、起きる時間。それらを決めて毎日守る。

7. 音楽を聞く – 好きな音楽や Podcast を聞く。

僕が一番納得するのは「光を浴びる」という項目。これ重要。引っ越し前に照明術について調べて、家の照明をすべてその方法に乗っとって決定したぐらいなので、光の使い方については激しく同意です。

照明術についてはこの本がおすすめ。引っ越す人は必読かもしれない。

「クリエイティブな仕事からはじめる」というのは、ぜひやってみます。毎朝 Blog 書くとか?w

元記事ではなんでカフェイン無しで起きる必用なあるのかということについても書かれています。同じくコーヒーをほとんど飲まない人として、この方法は参考になります。

Wake Up With The Sun: Achieve Morning Alertness Without Caffeine

Scott H Young » 7 Tips for Morning Alertness Without the Caffeine

バスが遅れたら待つべし

こういうバカなことを真剣に考えることは、人類全体にとって必用なことだと思います。すばらしい。

バスが遅れたら待つべきか歩くべきか? 米数学者が立証 国際ニュース : AFPBB News

個人的なメモも兼ねて引用。

計算の結果、「最初のバス停で待つのが良い」との結論が得られた。歩いた場合、次のバス停に着く前にバスに追い越される可能性が比較的高くなる。

「直観的に分かることだが、最善策はのんびり待つことだ」と数学者らは指摘する。

ただし、目的地までの距離が1キロ以内で、バスの運行間隔が1時間以上ある場合は、歩く方が賢明だという。

つまり、
if (目的地までの距離 <= 1km && 次のバスまでの時間 >= 1hour) { WALK! }
ということですね。

研究結果の発表にはすごい数式があるんだろうな。

遊び Wiki のすすめ

先月末に、友人とキャンプに行ってきました。その時のことも書きたいのですが、最近始めた遊び Wiki のすばらしさについて、今日は書きます。
Sunset behind us
夕日をバックに。
今回のメンバーでキャンプに行くのは2回目。いつも適当に計画を立てるため、前回の反省点を活かせずに同じような失敗をしていることに気づきました。
これではいかんと、キャンプから帰ってすぐに、メンバーが共有する Wiki を立ち上げました。取りあげている内容は、次のようなもの。

  • 遊びの計画
  • 遊びのログ
  • メンバー間の連絡
  • オリジナル遊びのアイデア
  • トランプ等のマイナールール共有

遊びの計画では、日程の調節や持ち物の確認を行います。最も重要なのが遊びのログ。遊びのログでは次のような内容を取りあげています。

  • 詳細な会計報告
  • 日程や時間の記録
  • やったことリスト
  • できなかったことリスト
  • よかった点
  • 反省点
  • 次回気をつけるべきチェックリスト

これだけでも、次回以降の遊びの効率は向上します。忙しいメンバーが集まるので、限られた時間を最大限に使って全力で遊ぶことが求められます。そのためにも、失敗という貴重な情報を大切に扱うことには大きな意味があります。
Wiki にまとめるのにはそれなりに時間がかかりましたが、それ以上の収穫がありました。前回の反省点と今回の反省点を比較しているうちに、僕個人の重大な反省点に気づいたのです。それはまさに自分の最大の欠点であり、それに気づけたことは非常に大きいです。それが何かをここで晒す勇気はありませんが、その改善のための行動を10月から始めています。
ただの遊びも、本気でやれば見えてくるものがあるということを改めて実感しています。
ちなみに、現在遊び用に利用している Wiki はこれ。
pbwiki
社内の情報共有には MediaWiki を使っていますが、今回は手軽に用意できる pbwiki にしました。おすすめです。

ゴキブリキャップ再び

自宅に続き、会社にもゴキブリキャップを置きました。これからの季節、よく襲撃されるので。
Roaches killer
うちの会社では床で寝たりするので、そんなときに襲撃されたら大変です。去年までは何度もそうやって目が覚めたりしていました。
去年使ったのはゴキ包(ゴキパオ)。これはダメ。あの泡で素早いやつらを狙うのは相当難しい。結果としてカーペットとか棚にべっとりと泡がついて、それをはがすのが大変大変・・・。しとめた後、最後に使うのが吉です。

新世紀ゴキブリキャップ

太古の昔から生き抜いてきたやつらの命の実と、現在地球に君臨している人類の知恵の実。そのどちらが勝つか。これは、人類の存亡をかけた、熱き戦いなのである。
知っての通り、やつらがリビングへ進入し、そこに眠る Mac と接触すれば、サードインパクトが起こる。それだけは避けねばならない。
予想されうるサードインパクトを未然に防ぐ。そのためにあるのが、株式会社タニサケであり、ゴキブリキャップなのだ。
汎用団子型決戦兵器
人造団子ゴキブリキャップ
「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ!」
「やります。僕が置きます。」
というわけで、今回設置したゴキブリキャップという製品についてのメモ。この製品の PRムービーは、ぜひとも YouTube にアップした方がいい。確実に売れる。僕自身も、全く買う気は無かったのに、店頭で流れていたムービーを見て、速攻買ってしまったのです。ゴキブリキャップが一番高いのに、類似品には目も触れず。ムービーが流れていたところのは無くなっていたので、わざわざ奥の棚から探しました。
においに誘われてやってきたゴキブリは、ゴキブリキャップを食べて脱水症状になり、オアシスを求めて屋外へ逃げていくのだとか。そしてあるはずのないその場所へたどり着くことなく、絶命するのです。
取り替えは半年後。半年後といえば1月。年末の大掃除で取り替えればいいかな。リマインダーをセットしておきます。
設置した箇所は次の通り。これ忘れたら終わりなので、自分用に。

  • トイレの裏
  • 洗面台の横
  • 洗濯機の横
  • 廊下の収納の下の段
  • 押し入れの下の段
  • 押し入れの上の段
  • ガス台の横
  • ガス台の下の棚
  • 流し台上の棚の右側
  • 流し台上の棚の左側
  • 流し台の下の棚
  • 冷蔵庫の間
  • レンジの裏
  • オーブンの裏
  • 食器棚の裏

計15個
ここにも置いとけ!的なアドバイスがあれば、ぜひ教えてください。
それでは、次回もサービスサービス!

Marc Andreessen に学ぶ Lifehacks

いま、自分の生産性を向上させるためのシステムを見直しています。開発の時間が増えるにつれ、これまで以上に長時間特定の作業に集中するようなスタイルが中心になってきたからです。
これまでにやっていたことは旧Blog を参照してください。
messaliberty Blog: remember the milk + Google Calendar さらに iCal
messaliberty Blog: 時間管理術 for エンジニア
さて何から手を付けるかなと思ったそんな時、Netspace の Founder、Marc Andreessen が Blog を始めたと聞いて飛んでいくと、なんと Lifehacks についてアツく語っているではないですか!
blog.pmarca.com
というわけで、Marc のエントリーを引用しながら、システム全体の中で最も接する時間の多いタスク管理システムから見つめ直してみたいと思います。
エントリーの全文はこちら。
blog.pmarca.com: The Pmarca Guide to Personal Productivity

Each night before you go to bed, prepare a 3×5 index card with a short list of 3 to 5 things that you will do the next day.
And then, the next day, do those things.
I sit down at my desk before I go to sleep, pull up my Todo List (which I keep in Microsoft Word’s outline mode, due to long habit), and pick out the 3 to 5 things I am going to get done tomorrow. I write those things on a fresh 3×5 card, lay the card out with my card keys, and go to bed. Then, the next day, I try like hell to get just those things done. If I do, it was a successful day.
People who have tried lots of productivity porn techniques will tell you that this is one of the most successful techniques they have ever tried.

エッセンスが込められてるのははじめの部分。つまりこんな感じです。

寝る前に、明日取り組むべき ToDoリストを3つから5つ書き込んだ 3×5 のインデックスカードを用意する。
ほんで次の日にそれをやる。

これだけでも十分魅力的な、そして何よりもシンプルなシステムですね。でも Marc はまだ続けます。

Then, throughout the rest of the day, use the back of the 3×5 card as your Anti-Todo List.

つまり。

さっきのカードの裏側をアンチ ToDo リストとして使うんだ。

おぉ!いいねぇ。詳しく見てみましょう。

What you do is this: every time you do something — anything — useful during the day, write it down in your Anti-Todo List on the card.
Each time you do something, you get to write it down and you get that little rush of endorphins that the mouse gets every time he presses the button in his cage and gets a food pellet.
And then at the end of the day, before you prepare tomorrow’s 3×5 card, take a look at today’s card and its Anti-Todo list and marvel at all the things you actually got done that day.
Then tear it up and throw it away.
Another day well spent, and productive.

要するにこういうことです。

何かタスクをこなす度に、それをアンチToDoリストに書き込む。そしたらスゲー快感だから。
そしてその日の終わりに、今日の ToDoリストとアンチToDoリストを見返し、その日やったことを振り返ってニヤニヤしようぜ。
それが終わったらゴミ箱に捨てて、次の日も快適に行こう。

おわかりだと思いますが、訳は適当です。それにしても、これは快感ですね。想像するだけでもテンションが上がります。
僕は相変わらずデジタルでの処理にこだわりたいので、この Lifehack を Check*PadTa-da Lists を使って実現してみようと思います。ToDoリストだけならこれまでもそうしていたのでいいのですが、唯一の問題はアンチToDoリストをどうするか。ChangeLogメモとか使って記録に残せば後で振り返ることができるかなとも思うのですが、ばっさり捨てて達成感を味わうには、やっぱり上記 Webアプリケーションの方が適しているようにも思います。タスクを登録してすぐに Done しちゃうって使い方になってしまいますが。
ひとまず僕は、これまで通り ToDoリストを管理しながら、そこにアンチToDoリストも追加し、さらに1日の終わりにはそれを ChngeLogメモにコピーして記録を付けてみたいと思います。なんか、だんだんシンプルさが失われてきてますけど・・・。
関係ないですが、このエントリーで個人的に気に入ったのは引用したセクションの最後の部分。

By the way, in order to do this, you have to carry a pen with you everywhere you go. I recommend the Fisher Space Pen. It’s short and bullet-shaped so it won’t poke you in the thigh when it’s in your pocket, it’s wonderfully retro, it helped save the Apollo 11 mission, and it writes upside down. What’s not to like?

Marc!それ僕も学生時代から愛用してるよ!そしていまも毎日持ち歩いてるのは、Fisher のペンなんだよ!逆にしても書けるし、水中でも書けるし、そして宇宙でも書けるし、まさに怖いもん無しだよね!
おっと、話がそれましたが、この Marc のエントリーはすごくおもしろいです。他にもいろんな Tips が満載です。少し長いですが、興味のある方はどうぞ。
blog.pmarca.com: The Pmarca Guide to Personal Productivity
Marc の Blog、いっつもびっくりするぐらい長いけど、おもしろい・・・。
次回は、タスク管理だけではなく、生産性向上のためのシステム全体についてまとめてみます。