Safari3 が持つ意味

まず、Safari3 人柱より続報です。
Safari3 人柱よりというエントリーで、Safari3 が不安定だと書きましたが、その後問題の原因が Safari Stand だと分かりました。Safari Stand アンインストール後は極めて安定しています。
Safari Stand が使えないのはかなりの戦力ダウンな感じですが、デフォルトの状態でも Safari3 が優れているので、いまは Safari3 に切り替えています。やっぱり、サイズ変更可能なテキストエリアと進化したページ内検索が、Safari3 を手放せないものにしてくれたのです。
ちなみに環境は Mac OS X 10.4 (Tiger) です。Windows版はどうやら日本語対応ができてないやしく、バッドノウハウを駆使しなければ日本語が表示できないとか。
日本語に対応するよりも、iPhone の発売までに Windows版 Safari をリリースしておきたかったのでしょう。どうせ iPhone は日本で使えないしね。正当な日本後回し戦略だと思います。悲しいですが。
と、ここまで書いてふと思ったのが、Safari の Windows 対応にある意味です。
iPod が成功した理由のひとつに、iTunes が Windows と Mac の両方に対応したことが挙げられます。これには疑いがないでしょう。
そして今回 iPhone のリリースを迎え、Apple が選んだのは Safari の Windows 対応。僕は全く予想していませんでしたが、これは iPhone においてキーになるアプリケーションがブラウザだということです。iPod的な機能では無く。
いまの Apple には Eric Schmidt が、つまり Google がついています。両者は最高のパートナーとなり、お互いの欠けた部分を補い合う存在になるでしょう。
Google の Webアプリケーションが iPhone で制限無く使えるようになったとき、本当の意味で Webアプリケーションが主流となる時代が到来するのではないでしょうか。
Apple と Google の架け橋となるアプリケーションは、間違いなくブラウザーです。Apple はその重要な架け橋を他社やオープンソースに任せきることをせず、自社でグローバルなブラウザーマーケットを構築することを選択しました。第二次ブラウザー戦争が、ますます盛り上げって来たというわけです。
Apple が、Google が、パソコン(そして Mac)から飛び出す日は近い。

Safari3 人柱より

Update

June 12, 2007
ちょっと怪しいと思ってた Safari Stand、最速さんの発言からもますます怪しくなってきました。
Twitter / mala: Safari3 stand入れるとおかしい感じかも
そして Safari Stand を削除すると問題が解決しました。自分で勝手にインストールしたプラグインが原因という悲しいオチでした。Safari Stand も便利なので、そちらの対応も期待してます。
ちなみに、Win版は日本語対応がダメダメだそうです。

現在行われている WWDC にて、Safari3 が発表されました。さっそくダウンロードできるようになっています。
Apple – Safari 3 Public Beta
ゲットしようと Apple のサイトにアクセスしてみると、デザインが一新されていてびっくり。iPhone をイメージしたような UI になっていて、なかなかいい感じ。今後この UI が流行りそうな気がします。日本の Apple はまだそのままでした。いまのうちに見比べておいたらいいかも。
本題の Safari3 ですが、Windows版もリリースされています。すばらしい選択。iTunes の時と同じく、ありえないことが起こった、という感じでしょうか。
とは言っても、まだまだベータ版。発表直後にインストールするのにはかなり躊躇しましたが、いまこそ Apple への愛を示すときだと心を決め、この度人柱としてアップグレードを行いました。Twitter で実況気味に報告していたのですが、ここにもちょっとまとめておきます。
結論から言うと、まだ待った方がいいですw
Safari3 はすばらしい。間違いなく今後メインに使っていくことになりそうなブラウザーに進化しています。本来の軽さや優れた UI に加えて、これまで Firefox + Extensions で使えていたような機能がデフォルトで搭載されています。
テキストエリアの大きさを自由に変えられたり、ページ内検索の検索結果出力が急激に進化していたり、その他にも多くの点でこれまでにあった不満点が解消されています。解消どころか、そのさらに上をいく改良と言えそうです。
ただ、やっぱりまだ早すぎました。激しく不安定です。現在僕が遭遇している、問題と思われるポイントをリストアップしてみます。

  • リロードしないとページを読み込まない
  • Gmail でリンクをクリックすると落ちる
  • ブックマークを開くと落ちる

1つめのは特に致命的。満足にブラウジングできません。突然落ちたりといったトラブルは、Firefox だと仕方ないなと受け止められるのですが、Safari でこんなことがあってはダメです。今後に期待です。
その他、Twitter での反応を見ていると、日本語関係でトラブルがあるようです。
# 僕は OS も含めて英語環境を使っているので特に問題ありませんでした。
ところで、Windows版はどうなんでしょうか。僕はまだ試していません。Win ユーザーの方、ぜひ試して教えてくださいw
最速でアップされた最速さんのとこのエントリーを見ると、使えるのかな。
最速インターフェース研究会 :: Safari for Windows betaで日本語表示する方法
Steve Jobs の Keynote、早くアップされないかな。アップされ次第見ます。ちなみに、旧ブログ時代にポストしていた Steve Jobs と Bill Gates の対談イベント、動画が配信されてます。まとめてどうぞ。
ITmedia News:「ジョブズ=ゲイツ対談」がビデオポッドキャストで登場
Apple – Mac OS X Leopard
Safari3、早く使いたいですが、しばらく様子を見ることにします。がんばって、開発チームの人!待ってます!