WordCamp Kansai 2014 開催で思い出した WordPress との出会い

WordPress の大規模イベント、WordCamp Kansai 2014 がいよいよ迫ってきました。今回はグランフロント大阪での開催です。これまでに開催された日本国内の WordCamp の中でも、かなり良い立地での開催になります。大阪駅から近すぎですね。

創始者 Matt も来日が決まり、盛り上がってきました。

僕は、コントリビューターデイの通訳として参加します。WordPress のコア開発に関する講演やディスカッションを通訳します。

“WordCamp Kansai 2014 開催で思い出した WordPress との出会い”の続きを読む

HTML5 と CSS3 をこれからはじめる人におすすめの情報

Old

New

HTML5/CSS3 ベースの WordPress テーマを作ったときに参考にしたリソースです。画像は旧デザインと新デザイン。新デザインはフレキシブルなレイアウトです。

これがおすすめ記事。

いくつか重要事項を引用します。

事実

はじめる前に、知っておくべき事があります。

There’s also the fact that by using HTML5 code right now your website gets stuck in some kind of “limbo” since even though your browser will render HTML5, it does not understand it as of yet. This may also apply to other software such as screenreaders and search engines.

Lastly you must consider that HTML5 is still under heavy development, and it’s probably the “most open” project the W3C has ever done.

まだまだ発展途上であることは意識すべきです。アクセスするユーザーの層が幅広い場合、導入には慎重になった方が良いです。

Progressive Enhancement と Graceful Degradation

重要なコンセプト。これを知っておくと、HTML5 を活用できると思います。残念ながら、適切な日本語訳が思いつかないのでそのまま。

Graceful Degradation is a widely used term which ideology is basically using the latest technologies first, and then fix anything that needs fixing for older browsers. We do this on a daily basis: most of us code for Firefox first, then fix Internet Explorer.

Progressive Enhancement refers to the habit of building first for the less capable, outdated browser and then enhance for the latest technologies. We, too, use this on a daily basis. For example, most of the times we code a website we start with the markup and then apply an external CSS file where we add all the styling.

フレームワーク

フレームワークを使うことはおすすめです。特に HTML5 初心者にはおすすめ。早くリリースできるし、フレームワークから学べることも多々あります。自分は Less Framework を選択しました。

グリッドシステム

HTML5/CSS3 には直接関係ないですが、美しいデザインを志すならぜひ。

自分は Pixcel Perfect を使ってレイアウトを行うために、画像を作りました。

992

その他のリソース

友人の Oli がおすすめの情報を教えてくれました。自分も開発する過程で聞きまくりました。Thanks Oli!

Oli の記事

日本人にも読みやすいように、簡単な英語で書いているとのこと。ユーザーフレンドリーな心遣い。

HTML5 と Firefox

日本語の記事

日本語によるサポート

はじめての HTML5 対応 WordPress テーマ開発で学んだこと

自分の Blog のテーマを新しくするにあたって、HTML5 に対応しました。メールや RSS で購読いただいている方は、ぜひこちらからアクセスしてみてください。相変わらずシンプルな外観です。

なにか新しいことを学ぶのに最も良い方法は、やはり実際にやってみることでしょう。そんなわけで今回 WordPress テーマをリニューアルしたのです。その経験から学んだことを少し。

  1. HTML5 ベースの開発にはフレームが重要。 生産的なプログラマーは、よく設計されたフレームワークやモジュールを好んで利用します。同じことが HTML のコーディングにも起こっていると感じました。HTML5 により、これまで以上にプログラマーが HTML/CSS をさわる機会が増えてくると思われるので、よりその傾向を感じます。自分は今回、Less Framework 4 を使いました。ほとんどコードを書かずに、フレキシブルなレイアウトの Web サイトを開発できます。マウスでウィンドウの幅を変更してみてください。パソコン、iPhone、iPad 何でも来いのレイアウトの完成です。
  2. ‘プログレッシブエンハンスメント’ のおかげで未来に生きることができる。 数年前まで、自分はあらゆるブラウザーで完璧に同じ見た目を再現できるデザインを目指していました。でもそれは大して重要ではない事。重要なのはあらゆる環境・デバイスで快適に閲覧できる状態を実現することです。
  3. HTML5 は楽しい! まだまだ発展途上の HTML5 ですが、HTML5 には哲学を感じます。単純に、開発していて楽しい。そこに表示されるコンテンツの意味や重要度を意識しながら開発していく過程は、見た目だけではなく、真に美しいコードへと導いてくれます。

最初のバージョンのテーマはまだまだ不十分ですが、一旦リリースして要素の使い方などを見極めていきたいと思います。

MovableType から WordPress へ乗り換え

With Matt at WordPress Kansai

Matt との約束通りついに乗り換えました。いまテストしてます。

WordCamp Kansai に参加した時に決断したのですが、この週末までまとまった時間が取れませんでした。ようやく片付いたところです。

WordCamp Kansai 2009 « messaliberty

WordPress のセットアップ自体は驚くほど簡単。つまらない作業も無く、すばらしいです。メッサリバティの Blog でも WordPress を使っていますが、インストールを自分でやったのは初めてでした。

乗り換えはちょっと大変。WordPress、MovableType 双方のコードを少し修正する必要がありました。その過程について書きたいのですが、いまちょっと限界なのでまた後で。

まずは Matt と WordPress コミュニティーのみなさんにお礼を言わなくてはなりません。Thank You!

身近なところから WordPress の布教(?)に貢献していきます。