カタカタの表記スタイル

全力で支援する。

「マイコンピュータ」が「マイコンピューター」に? マイクロソフトが表記ルールを変更 – 日経トレンディネット

主な指針としては、学術・JIS記述ルールと内閣告示ルールの2つがあり、マイクロソフトでは前者の学術・JIS記述ルールに従い「コンピュータ」「プリンタ」「フォルダ」といった語尾に長音符号が付けない表記を基本的に用いてきた。

これまでどれだけ周りが学術・JIS記述ルール(そんな呼び方だったんだ)に染まっていても、かたくなに内閣告示ルール(そんな呼び方だったんだ)にこだわり続けていた者の1人として、Microsoft のこの方針変更を支持します。

絶対におかしいよ。サーバとか。ちなみにイギリス人の友人は、「ー」で伸ばすという概念が意味不明的なことを言っていました。

自宅の仕事スペース

今日はギークが京都に集まっているそうですが、仕事で行けない僕は Blog とか Twitter で盛り上がりをのぞき見ながら家にいます。

Breakfast at a cafe

午前中はカフェで調べ物。

Sweet waffle

ワッフルうまい。

Working at home

これが仕事スペース。実はここはリビングなので、仕事用の机ではありません。でもソファーに座りながら HHK で作業をするのが最近のお気に入り。5.1ch のスピーカーに囲まれて iTunes ライブラリーの曲とか Muxtape や Last.fm から流れてくる音楽を聴くのがまたいい。右の MacBook は編集済み動画のエンコード作業中。

あぁ、京都行きたかったな。

シリコンバレーの言葉たち

とてもいいエントリーだと思いましたのでご紹介します。僕の個人的な意見などを書く時間がありませんので、ひとまずご紹介だけ。

「世界観、ビジョン、仕事、挑戦——個として強く生きるには」講演録(JTPAシリコンバレー・ツアー2008年3月6日) – My Life Between Silicon Valley and Japan

時間は限られています。ただ、それをうまく使う方法、チャンスは、過去の歴史上例を見ないほどに充実しています。

自分の人生を生きることも、文字通り世界を変えることも、経済的な豊かさを手に入れることも、どれもつながっていて、可能性は開かれているのです。

やるか、やらないか。それだけ。

言葉を引用されている人物で知らない人がいれば、ぜひ詳しく調べていただくことをおすすめします。その価値がある人たちばかりです。

一緒に世界を変えていけるメンバー。そろそろ本格的に探します。

Digg の進化に思う

Digg が、噂されていたレコメンデーションエンジンをリリースするようです。Kevin の解説は以下のエントリー参照。概要を説明した動画もあります。

Digg the Blog » Blog Archive » Recommendation Engine rolling out this week!

正直、少し予想よりも早かったです。ただ、この方向性が今後より一層重要度を増すことが確実となりました。del.icio.us などのソーシャルブックマークサービスも、次々と同様の進化を遂げていくことでしょう。

自分たちも、ただ立ち止まっているわけではありませんが、分かっていることを実現していくことの難しさを日々感じています。

というわけで、手を動かしてきます。

予想GUY!iPhone 発売イベント at ヨドバシカメラ梅田

いまヨドバシでこれ書いてます。ついにやってきました。iPhone が日本で発売される歴史的日です。当日に買えない僕が来ましたよー。

たまたま12時前にヨドバシの近くを通ったので、イベントをやっているはずだと思い立ち寄ってみました。

するとかなりの報道陣。しばらく見て帰ろうかと思ったら、予想GUY の Dante Carver が登場。これからみんなでカウントダウンをすると言うではないか。

歴史的な瞬間へ向けたカウントダウンの様子はこちら。

なんか、日米の温度差を感じました。しゃべってるのも、叫んで反応してるのも、カウントダウンしてるのも、司会+ヨドバシの中の人だけ。僕も1人で行ったからしずかに見てましたよー。

あと、副社長もいました。何の副社長かは不明。おそらくソフトバンクモバイルの副社長。

当然ながら当日の整理券はもう無し。ヨドバシで明日買える分の整理券をもらえたのですが、8GB Black しか無いとのことなので、今日の所はスルー。来週になると思いますが、密かに押さえてもらっている 16GB Bkack を買いに行きます。

関西のみなさん、今日の夕方のニュースは見ましょう。そして、オレンジのTシャツにサングラスの男が群衆の中にいれば、それは僕です。