はじめての HTML5 対応 WordPress テーマ開発で学んだこと

自分の Blog のテーマを新しくするにあたって、HTML5 に対応しました。メールや RSS で購読いただいている方は、ぜひこちらからアクセスしてみてください。相変わらずシンプルな外観です。

なにか新しいことを学ぶのに最も良い方法は、やはり実際にやってみることでしょう。そんなわけで今回 WordPress テーマをリニューアルしたのです。その経験から学んだことを少し。

  1. HTML5 ベースの開発にはフレームが重要。 生産的なプログラマーは、よく設計されたフレームワークやモジュールを好んで利用します。同じことが HTML のコーディングにも起こっていると感じました。HTML5 により、これまで以上にプログラマーが HTML/CSS をさわる機会が増えてくると思われるので、よりその傾向を感じます。自分は今回、Less Framework 4 を使いました。ほとんどコードを書かずに、フレキシブルなレイアウトの Web サイトを開発できます。マウスでウィンドウの幅を変更してみてください。パソコン、iPhone、iPad 何でも来いのレイアウトの完成です。
  2. ‘プログレッシブエンハンスメント’ のおかげで未来に生きることができる。 数年前まで、自分はあらゆるブラウザーで完璧に同じ見た目を再現できるデザインを目指していました。でもそれは大して重要ではない事。重要なのはあらゆる環境・デバイスで快適に閲覧できる状態を実現することです。
  3. HTML5 は楽しい! まだまだ発展途上の HTML5 ですが、HTML5 には哲学を感じます。単純に、開発していて楽しい。そこに表示されるコンテンツの意味や重要度を意識しながら開発していく過程は、見た目だけではなく、真に美しいコードへと導いてくれます。

最初のバージョンのテーマはまだまだ不十分ですが、一旦リリースして要素の使い方などを見極めていきたいと思います。

Leave a Reply