閉鎖的な空間にすべてを流しこむ生活のススメ

プライバシーの開放と引換に得られるメリットは何か。それを実験するために、先日 Facebook 内にクローズドコミュニティーを作りました。そこに何人か招待して、通常なら一瞬思うだけで Twitter にも Blog にも書かないようなことをバンバン書き込んでいます。

これが、思いのほか快感。躊躇するようなことも遠慮無く言える安心感で、いわば常にブレインストーミングをしているような状態になります。良いところは、そうやって発言したことが記録に残ること。1日の終に振り返って、今日は何を発言しているのかを見るのが楽しみになります。だいたい自分でも何を言ったかはっきり覚えていなかったりするので、新鮮なコンテンツにさえうつります。

さらに良いところは、そんな無責任な発言に対してコメントや Like と言ったフィードバックがあること。誰にも引っかからなかったものと、何らかの影響を与えたものがわかるのは楽しいものです。

というわけで、そんな閉鎖空間に流し込んだ情報を下書きと考え、まとまった情報をアウトプットしてみるという試みをしばらく継続してみたいと思います。これ、オススメです。

1 thought on “閉鎖的な空間にすべてを流しこむ生活のススメ”

Leave a Reply