ファミコン 30 周年

famicon

Without Nintendo’s Famicom there would be no NES. And without the NES, chances are, the video game industry as we know it would never have existed. It’s hard to appreciate history while you’re living it, but thirty years ago today on July 15, 1983, Nintendo’s Japan-only Family Computer debuted and set off a domino effect that would make video games a global, billion-dollar industry and rank Nintendo as synonymous with gaming itself.

ファミコンは30年前に誕生し、多くの子どもたちの生活を変え、いまに至る数々の革新をリードしてきました。単純にゲーム業界というものを定義したという功績だけではなく、ファミコンにときめいた子どもたちがその後に続いたという見えない効果も生み出しています。ファミコンと共に育った世代にとって、技術革新が生活にもたらす変化の大きさというものは、幼い頃から感じ続けていたことなのかもしれません。そして、テクノロジーがいかに人々を感動させ、クールな存在であるかも、ファミコンに教えられたのではないでしょうか。

僕は、ファミコンと同い年です。

というわけで、自分も30歳になる年です。ちなみに東京ディズニーランドも同じく30周年です。節目というやつですね。

これまでと同じでは節目を迎える意味がないと思うのです。新しい挑戦を始めるなら、いましかないでしょう。

Leave a Reply