デビルマンは仮想通貨の世界にいまこそ必要な存在だ

知らなかった原作の展開

デビルマンです。あのデビルマン。これは、仮想通貨、ブロックチェーンに関わる人には必読のマンガです。

デビルマンを観ることになったきっかけは、Netflix でリメイク版が配信されたことでした。現代風にリメイクされたデビルマンを観て、最初は衝撃を受けました。絵がグロテスクで内容も攻撃的。「何だ、これは」と思って1話で観るのを止めました。後に僕たちが知っているアニメのデビルマンは設定がやわらかくなっているもので、原作のデビルマンとは全然違うということを知りました。原作に忠実なのが Netflix 版のデビルマンだということを知ったので最後まで観てみました。

Continue reading “デビルマンは仮想通貨の世界にいまこそ必要な存在だ”

何よりもまず、この底なしの孤独を埋めたいと思った

自分が戦っている正直な理由

人として欠陥があるのかもしれない。ただ事実として、自分にはどうしても埋めることが出来ない孤独というものがある。結論を言ってしまえば、自分はその孤独を埋めるために、人生をかけてこの変革に取り組んでいるんだと思う。それ以外のモチベーションが存在しないし、他に納得の行く理由は思いつかない。

言い方を変えれば、多くの人を巻き込んだ大きな戦いに、こんな個人的な理由で挑んでいることになる。そのわがままさを承知の上で、少しその背景を伝えたい。

Continue reading “何よりもまず、この底なしの孤独を埋めたいと思った”

メルカリで財布が出品停止された話

皆さんご存知のメルカリ。最近はブロックチェーン分野にも力をいれていますね。

覚えていますか?

いまから1年ほど前の2017年春頃、メルカリで現金を売る人が出て話題になった事がありましたよね。

現金を売るとか、良いアイデアでした。さらに Suica を売るとか、パチンコの景品(という名の謎の換金できるトークン)を売るとかすごいと思いました。そして魚のオブジェを売った人は天才だと思います。

ちょうどその頃、僕はたまたまペーパーウォレットが欲しくなったので、銀座のビットコイン ATM まで行って、ペーパーウォレットに入金する形で購入しました。今となっては古き良き、ビットコイン ATM が可動していた時代です。

Continue reading “メルカリで財布が出品停止された話”