新年の誓い

新年あけましておめでとうございます。1月が終わらないうちに、新年の誓いみたいなことをやっておきます。今年のゴール設定です。大きな目標とか会社の目標などではなく、僕個人の目標2008です。

New year’s resolutions

1. Blog を毎週1エントリー書く – 控えめにしてみました。とか言いながら毎日更新してくれる自分に期待。
下書きがたまる一方の2007年だったので、今後はエントリーのクオリティーよりも新鮮さを重視していきます。それが Blog の良さだということを忘れていた2007年でした。いいことを書こうと思わずに、Twitter みたいに書いていきます。
それと、英語版の方も必ず書く。目指すは Danny Choo さんです。

2. 3ヶ月ごとにサービスをリリースする – 研究と基礎部分の整備、そしてそのほかのビジネス的な課題に追われた2007年から、目に見えるサービスを続々とリリースする2008年にします。具体的には、現在準備中のサービスを3ヶ月ごとに随時リリースしていきます。
Blog の目標ともリンクしますが、今年の僕のテーマは「オープン」です。いろんな意味で、オープンにできることはどんどんオープンにしていきます。そして、未熟な自分を晒し、もっと吸収したい。はじめるなら、1秒でも早い方がいい。

3. messa.tv を月2回配信する – 編集を協力してもらう体制も整ったので、2週間に1回はアップします。やっぱり、もっと旬な話題を提供したい。

4. 毎日6時間コードを書く – 書くことを目標にしてはいけないと思いますが、まずはそれが必用だというのが現状です。
2007年は、仕事の実働時間を12時間にすることが目標でした。実働時間とはつまり、実際に何かを生み出している時間です。パソコンの前に座っていても、仕事の合間にニコニコ動画を見ている時間はカウントされません。効率が100%だったら12時間働けば達成できるのですが、なかなかそういうわけにもいかず、労働時間はさらに延びるのが現実です。実働時間で測定するには12時間が現実的なので、12時間にしています。
いまのところその目標は達成できているので、それを伸ばすことも考えました。でも、それよりはその12時間の中身を改革して、目標にあった自分へと最適化することを2008年は目指します。
具体的に言うと、目標は6時間のコーディングです。普通に短いと思うので、コーディングに集中すれば簡単に達成できるでしょう。ただ、難しいのは、他の仕事との関係です。常にコードを書いていたいという思いとは裏腹に、なにかとやるべきことがあるポジションにいるので、コーディング以外の仕事をいかにマネージメントするかというのが、この目標の真意です。

5. 1タスクごとの5分間のレビューを行う – これも2007年から実践していることですが、今年はそれをさらに強化します。仕事の効率やタイムロスを測定するために、僕は24時間を15分単位で記録しています。そして各仕事ごとに設定している力の分配率(パワーバランス)と比較して、毎月達成率を算出しています。それをするだけではただデータが残るだけなので、さらなる分析を行うために、もっとレビューに時間を割きたいというのが、新たな目標です。

Time Management Tool
記録を集計しているシートはこんな感じです。

6. 毎朝30分は集中力強化に費やす – 集中するための時間。それをいま以上に重要視します。デスクトップ上の目に付くところに、具体的に何をすべきかは見えるようにしているのですが、それを忘れずに実践します。

Stickies on Desktop
常に意識することは目に付くようにしています。

7. 週に1回はチャットする – 会ったこともない世界の誰かと会話するのは、単純に楽しい。英語力強化にもなるし、想像もしなかったような視点に出会えたり、そこから新たな人脈が広がることもあります。
それを習慣化したい。目標にしなくても既に達成しちゃっていると思うけど。意識的にやるということで、2008年の目標にカウントします。
意識したいこととしては、音声通話の頻度をもっと上げること。しゃべる時間ももっとほしいので。あと、英語圏の人に英語を教えてもらうだけじゃなくて、日本語を勉強している人に日本語を教えることも忘れずに続ける。

8. 毎月1人の新しい人と出会う – あえて1人と設定しているのは、特定の条件に合う人と会いたいからです。日本人以外で、共通言語として英語が使えて、職業はエンジニアという人。オンラインでも可。これはちょっと実験的な試み。
もちろんそんな条件とか目標とか関係なく、たくさんの人に会いたい。だから、今年はどんどん外へ行きます。

9. 3ヶ月に1回はイベントに参加する – エンジニアの集まるイベントです。東京、大阪、サンフランシスコあたり。場所は関係なく、そこに同志が集まるのなら。真剣です。

10. 触れる言語の割合を「7:3 = English:日本語」にする – 触れる情報やアウトプットする情報の比率を上記の通りにする目標です。半年ほど前に決意してからほぼ実現できていることですが、これからも意識的に続けていきます。

11. 毎週本を2冊読む – 2007年から図書館をフル活用していますが、今年はもっと活用します。紙媒体の情報にはあまり慣れがないため、処理速度が遅いのが現状です。高速化します。

12. フィードリーダーをチェックする時間の上限は90分にする – いま確認したところ、購読中のフィード数は310でした。それほど多くないのですが、これまで熟読してしまっていたため時間をかけすぎていました。ほっとけば8時間ぐらいノンストップで読んでしまう癖があるので、タイムリミットを設定します。これは抑圧する方向の目標です。
それでも、最近 Bloglines から Fastladder (Livedoor Reader) に乗り換えたら、かなりの高速化が実現できました。読み方の方針変換というのもありますが、やはり最速の UI がすばらしいからです。フィード数は1000ぐらいまで増やすつもりです。詳しくは別エントリーで。

13. 目標達成状況を月1回 Blog で公表 – 結局のところこの目標へ向けてどんな行動をしているの?ということを Blog でフィードバックしていきます。また、フィードバックした結果変更の必用を感じた場合には、柔軟に対応できるように備えておきます。

# 14. Diggnation に2秒以上出演する – 13で終わるより14で終わる方がいいかと思っただけw

ちなみにこのエントリーの英語版はこちらです。英語版の存在を知らなかったという人もたくさんいて寂しかったので、リンクしておきます。

Firefox のセッションを取り戻す

Firefox でタブを大量に開いていると、突然ダウンしてしまうことがよくあります。そうなったら最後、毎回起動する度に前回のセッションを復活させるので、無限ループに陥ります。
そこから抜け出すにはセッションを復活させずに起動させるしかないのですが、ダウンしてしまうほどタブを開いているときにその選択をするのは心を痛めます。
でもまだ諦める必用は無くて、ちゃんと最後に記録したセッションの情報はマシンに残っています。僕はこれまで、落ちる度に簡単なスクリプトを書いてリンクを復活させていたのですが、あまりにも頻発するので、いつでも使えるようにして公開しておくことにします。
使い方は簡単。

  1. session.rdf を探す
  2. そのファイルをリンク先のフォームから送信する

以上です。session.rdf は一旦送信されますが、処理完了時に自動的に削除されます。
利用した日時と、そのとき復旧した URL の数だけ、情報として蓄積されます。URL の文字列やその他の情報は一切こちらには残りません。
# Firefox の耐久性を調査するために、URL の数は残すようにしています。ちなみに、今回僕がダウンした際のタブの数は211でした。だいたい200〜300ぐらいで落ちる気がします。Firefox には、これからもたくましく育って欲しいです。
あと、お決まりですが一応。このプログラムを利用することによって何らかのトラブルが発生したとしても、一切の責任を負うことはいたしません。ご利用の際は自己責任でどうぞ。
以上をご理解いただいた上で、必用とされる方はご利用ください。
Get Back Session 〜タブを取り戻せ〜
session.rdf の位置ですが、こちらを参考にしてください。
Firefox Help: How To Manage Profiles
ちゃんと調べていませんが、これを使えるのはおそらく「Tab Mix Plus」を使ってセッションの管理をしている人です。Firefox の機能を使って管理している人も使えるのかもしれません。とにかく、「session.rdf」というファイルがあればおそらく復活できると思います。
# なんという未確認さ!
ほとんど自分しか使わない前提なので、処理もエラーメッセージもかなり適当です。もし何かお気づきの点や要望などあれば、このエントリーへのコメントなどで投稿いただければ目を通させていただきます。
Enjoy!

Bill Gates の食事

ちょっとおもしろかったので紹介。
Bill Gates が連れて行ったオススメのレストランとは?そしてホームレスのおじさんに話しかけられたときの対応とは?
続きはこちらで。動画で見れます。短いのでぜひ見てみてください。
Microsoft: Bill Gates eats $1.70 hamburgers, can’t spare change

Gates barely gets started explaining precisely how smart he is before a panhandler taps on the window of Dick’s Drive-In Restaurant, the Seattle burger joint where Gates has just ordered a $1.70 “deluxe.” Can Gates spare some change? Nah. $36 billion, maybe, but not some change.

Valleywag らしく皮肉を込めて書かれていますが、億万長者であってもハンバーガーを食べ、物乞いには応じない。いろんな意見があるかとは思いますが、僕の主観ではこのスタンスは間違っていないと感じます。さすが Bill Gates。

ニコニコ史上最高動画

ついに出会ってしまった。僕的に、ニコニコ史上最高の動画に。

タイトルはこれ。

【完成版】 メルト デュエット.ver PV ~ 初音ミク feat. ENOZ ~

ミク好き、ENOZ(というかハルヒ)好き、あるいは両方好きの人には感動ものの動画です。

これまでの流れを簡単にまとめると次の通り。

  1. メルトが公開され人気になる
  2. 歌ってみた人が出てくる
  3. それらを合成させてデュエット版を作る人が出てくる
  4. さらにハルヒの動画をくっつける人が出てくる(←いまここ)

一応、ご存じない方のための解説。そういう人にこそ知って欲しいので。

初音ミクとは

もはや実在の人物と思い込んでいる僕には解説が難しいので、Wikipedia からの引用です。

初音ミク – Wikipedia

初音ミクは、札幌市に本社を置くクリプトン・フューチャー・メディアが開発販売している「歌声ソフトウェアシンセサイザ(ボーカル音源)」の一つである。ヤマハの開発した音声合成エンジン『VOCALOID 2』を採用し、日頃DTMと馴染みのない客層にもアピールする「キャラクター・ボーカル・シリーズ(CVシリーズ)」の第1弾として発売された。 音階と歌詞を入力することで、ボーカルパートを作成できる。

要するに、自分の作ったった曲を歌ってくれるソフトウェアです。

歌ってみた人とは

ニコニコ動画では、よく「○○を歌ってみた」という人が登場します。要するに、自分の気に入った曲をカバーして歌い、その音源をうp(アップロード)するということです。
# 変則として、「踊ってみた」とか「弾いてみた」もよく見かけます。

というわけで、Vocaloid 初音ミクの「メルト」という曲が人気になり、それを歌ってみた人が出てきて、さらにそれにハルヒの動画が付いたというのが大筋の流れです。
# ちなみに、この流れはニコニコではよくあることです。組曲「ニコニコ動画」のときも、このような流れで次々と派生作品が登場し、感動させてくれました。様々な職人の能力が発揮されて、段階を踏んでより高みへと上っていく姿は、何度見ても衝撃です。

この動画は、本当にすばらしい。

そして僕は完全にバランスを崩されました。お願いだからこの曲を商品化して欲しい。それぞれのバージョンも。CD でも mp3 でもいいから。対価を支払わないと、この崩れたバランスをどうしていいのかわからない。

いまはそれを必死に取り戻そうとして、このエントリーを書いています。

オリジナルの「メルト」うp主を始め、この動画に関わったすべての人へ。ほんとうに、ありがとう。

最後に、「メルト」に関するおすすめを貼り付けておきます。

まずはオリジナル。

各種歌ってみた版。

IDが無くてニコニコが見れないけどニコニコしたい人のために、YouTube版を貼り付けておきます。

Continue reading “ニコニコ史上最高動画”

Made in Japan

シンガポールにいる友人の Kevin とチャットしている時、こんなことを言っていました。

at first, I thought Zelda is made in USA
I was thinking
how come Zelda is so fun to play
impossible from US
so I check on net, so Zelda is from Japan

笑ったw
いやいや、US にはチーターマンという偉大なゲームがあるよ。

彼は Blog で僕のことも書いてくれているので、彼の Blog もご覧ください。
Kevin Lim’s Blog: Great news from my kyoudai in Osaka, Japan
Kevin Lim’s Blog

宝塚がフェローを雇ったようです

久しぶりの Blog です。軽い話題から復活したいと思います。
先日大阪梅田のレストラン街にあるパスタ屋で、こんな話をしていました。

昔からスーパーハッカーには、音楽の才能がある人が多いと思う。
Alan Kay もプロのミュージシャンとして活躍してたし。

で、その他諸々の話題で盛り上がった後、店の外へ出ると、正面の宝塚歌劇団グッズショップの店先にこんなものが。
Alan Kay?
ちょwww これはwww
フェロー就任ですか?www
アラン・ケイについてはこちらをどぞ。

Blog タイトル変更

Blog タイトルを変更しました。かなり地味な変更です。分かった人はいるのでしょうか・・・。
旧: Source Code and My Life
新: Source Code of My Life
変えた理由は、みんなに間違えられるから、です(←結論)。最近立て続けに、身近な人が「of」だと思っていたことを知り、それならいっそそっちの方がいいんじゃないかと思い始めたのです。
その上、英語圏にいる友人にも同様に間違えられたので、もう変えるしかないという結論に至りました。
意味もこっちの方がいい。そんなことには変えてから気づきました。前は適当だったんですけど、次はなんか意味があります。
「Blog のエントリーは、僕の人生を構成するソースコードなんだよ」
なんと!こう言うとタイトルも覚えやすい!大発見!
というわけで、今後とも Source Code of My Life をよろしくお願いいたします。
ちなみに、この変更に合わせるようにして、左エリアにコンタクトを取るためのツールを設置しました。メールは Google Talk のところから送れるはずです。
実験的に設置してみているのが jaxtr。タダで僕のケータイに電話できます。なぜかドコモのケータイはうまく反応しなかったので、ウィルコムをメインに設定しています。
この jaxtr についてはまた書く・・・かも。