CrowdChess でみんなでチェス

2〜3日前から、チェスがうまくなりたいなとか思ってました。そしたらいまさっき、こんなのを発見。
Does Chess Need to be Crowdsourced?
TechCrunch のエントリー。
CrowdChess
これがそのサイト。

CrowdChess is a radically new chess concept where thousands of people from across the globe, play together against each other, creating the ultimate “wisdom of the crowds” battlefield.

要するに、みんなで次の一手を考えようというもの。
まだ誕生したばっかりなのでどう発展していくのかは未知数ですが、コンセプトはおもしろそうです。
将軍が何人もいたら意志決定がスムーズに行かないだろうし、このやり方でほんとうに勝利出来るのだろうかと、興味がわきます。まぁ、お互いにチームで戦うわけだからどちらかが勝つわけですが。
僕は単純に、みんなの思考パターンをのぞけるというところに興味が湧きました。それぞれがそれぞれの経験により導き出した自分なりの戦略論を持ち込み、議論を行うのです。最終的にはチーム内での多数決によって「手」が選ばれるのですが、その過程に参加することにより、いろんな思考を体験することができます。
“wisdom of the crowds” の新たな可能性となるのでしょうか。
早くやってみたい。登録したんだけどまだ完了のメールが来ない。

遊び Wiki のすすめ

先月末に、友人とキャンプに行ってきました。その時のことも書きたいのですが、最近始めた遊び Wiki のすばらしさについて、今日は書きます。
Sunset behind us
夕日をバックに。
今回のメンバーでキャンプに行くのは2回目。いつも適当に計画を立てるため、前回の反省点を活かせずに同じような失敗をしていることに気づきました。
これではいかんと、キャンプから帰ってすぐに、メンバーが共有する Wiki を立ち上げました。取りあげている内容は、次のようなもの。

  • 遊びの計画
  • 遊びのログ
  • メンバー間の連絡
  • オリジナル遊びのアイデア
  • トランプ等のマイナールール共有

遊びの計画では、日程の調節や持ち物の確認を行います。最も重要なのが遊びのログ。遊びのログでは次のような内容を取りあげています。

  • 詳細な会計報告
  • 日程や時間の記録
  • やったことリスト
  • できなかったことリスト
  • よかった点
  • 反省点
  • 次回気をつけるべきチェックリスト

これだけでも、次回以降の遊びの効率は向上します。忙しいメンバーが集まるので、限られた時間を最大限に使って全力で遊ぶことが求められます。そのためにも、失敗という貴重な情報を大切に扱うことには大きな意味があります。
Wiki にまとめるのにはそれなりに時間がかかりましたが、それ以上の収穫がありました。前回の反省点と今回の反省点を比較しているうちに、僕個人の重大な反省点に気づいたのです。それはまさに自分の最大の欠点であり、それに気づけたことは非常に大きいです。それが何かをここで晒す勇気はありませんが、その改善のための行動を10月から始めています。
ただの遊びも、本気でやれば見えてくるものがあるということを改めて実感しています。
ちなみに、現在遊び用に利用している Wiki はこれ。
pbwiki
社内の情報共有には MediaWiki を使っていますが、今回は手軽に用意できる pbwiki にしました。おすすめです。

Design Matters で考えた Webサイト制作のプロセス

先週、久しぶりに Design Matters に参加してきました。ここ数回、自分のセミナーと日が重なって参加できていませんでした。
Garr さん、いつもありがとうございます。
今回のスピーカーは Ian Cheung さん。テーマは次の通り。
“How to improve your website in 30 mins using Information Architecture”
すばらしい内容でした。さっそく自分たちの Webサイト制作プロセスに、今回学んだ事を取り込んでいます。いっぱいメモって来たので、まとめて社内の Wiki にアップしよう。
特に印象に残っているのは、コンテンツの重要性に関する意見。強引に短くまとめてみると次のようになります。

  • Content is King なのは事実だけど、そのコンテンツを活かすためには、Goal や Audience を見極める必要がある。
  • その Goal に関しても、情報発信側の Goal と情報を受け取る側の Goal がマッチしなければ意図しない結果を招く。

このあたり、プレゼンテーション内で登場した例も非常におもしろかったです。見入っていて、今回は写真を撮り忘れてしまいました。
The Nine Lives – Ian Cheung, Information Architect in Osaka, Japan » Thoughts on my presentation on Information Architecture
プレゼンテーション終了後、いつもはしばらく Appleストアに残っておしゃべりをしています。そして、その後 Nijikai へと移動するわけです。ところが、ちょっとトイレに行きたかった僕たちは、先に Garr さんに店と予約名を聞いて、店でみんなを待つことにしました。
Nijikai へ移動する前、Garr さんが「Nijikai の会場の窓からは Apple のロゴが見える。これは重要なことだよね。」みたいなことを言っててウケましたが、店に行ってみるとほんとにいい位置にロゴが見えましたw
Waiting for everyone
待ってるときの写真。ちょっと人が増えて、これでも足りませんでした。
Great view
ほんとにロゴが見える。絶景かな。Appleファンの心境は、「満月が見える!」みたいな感じです。
English Menu at Izakaya
居酒屋で英語のメニューとかはじめて見たw
Domestic Grown Organic Tofu だったかな、もう何のことかわからなかった。ちなみに、フライドチキンと唐揚げは同じ。
Nijikai も盛り上がったし、ほんと Design Matters っていいなと思いました。今回もまたいい人たちに出会えたし、いくつか英語の Tips も教えてもらったし。
スピーカーの Ian さんとは、イングランドサッカーの話題で熱くなりました。なんてこった。ついに一緒に Champions League で Liverpool を応援する人ができたよ。嬉しすぎる。
ちなみに、彼のやっている Oboeyasui.com もいい!ぜひ使ってみてください。
Thanks, Ian!
次回の Design Matters も楽しみです。
AirMac Extrame
ちなみに今回 Appleストアに行ったついでに、AirMac Extreme を購入しました。それがすばらしいという話は、また改めて。

Apple から無くなって行くもの

新しい iPod が発表されました。表記が iPod! になったりはしていませんでしたが、これで iPod シリーズも完成と言えるのではないでしょうか。以下、新しい iPod を見て気づいたことです。

ムービー再生機能付き iPod nano

nano にもムービー再生機能が付き、これで液晶の付いた iPod すべてでムービーが見れるようになりました。ムービーを持ち運ぶ時代を現実の物とした Apple が、今度はそれをあたりまえの事にしようとしています。
messa.tv もみんな持ち歩いて見てくれるってことかな。
# そのためには早く更新しろと自分に言いたい。

電話無し iPhone の iPod touch

正直、アメリカ以外で買える iPhone としての iPod touch は、僕の予想外の商品でした。確かにこれで、電話が使えなくてもいいから iPhone が欲しいという信者のみなさまや、ガジェット好きのみなさまも満足できるのではないでしょうか。
僕はなんだか悔しいので、電話付きの iPhone を狙っていきますが。
ところで、今回のラインナップを見ていて気づいたことがあります。それは、ホワイトという色の消滅。
iMac が発表されたとき、Jobs は言っていました。

「プロフェッショナルはみんなシルバーが大好きだ。」

その言葉の通り、iMac も、Appleキーボードも、メインカラーがシルバーになっていました。
そしてさらに今回、iPod からもホワイトは無くなっています。iPod classic に用意されたのはブラックとシルバー。
今後も主力商品として存在していくであろう Apple TV や MacBook にはまだホワイトが残っているので、完全消滅するということは無いでしょう。それに、Appleキーボードもキーの色は白いし、iPod もヘッドフォンの色はホワイトです。
それでも、確実に Apple のメインカラーがシルバーに統一される傾向にあることは事実のようです。
HHK for Mac 涙目www まぁ Mac mini 用としてはぴったりの配色だけど。
今夜はコーラを飲みながら、Steve Jobs の Keynote を見ます。なんという贅沢!
Apple – QuickTime – September 2007 Keynote Address

iMac もすごいけどアプリもすごい

先日発表された iMac は予想通りのアルミボディタイプとなりましたが、予想以上のカッコ良さで僕に衝撃を与えてくれました。新しいキーボードも、少なくとも見た目の上では史上最強にカッコイイキーボード確定です。キーは MacBook と同じ感覚になりそうなのは少し物足りない気がしますが、他社製 PC にデフォルトで付いているキーボードのことを考えると、かなり上質なものになるのは間違いありません。
Happy Hacking keyboard 愛用者としては、Bluetooth モデルがコンパクトになったのは嬉しいことです。今度買い足す時は、Happy Hacking Keyboard for Mac じゃなくて、こっちを買ってしまいそうです。
iMac がカッコイイとかなんとかってのはいろんなところで言われていると思うし、何よりも目立つニュースだと思うので、褒め称えるのはこれぐらいにしておきます。
僕が今回の Steve Jobs のプレゼンを見て一番感動したのは iMac じゃなくてアプリの方の進化です。なぜかというと、そこには確かな進化が見られたからです。これはあたりまえのことかもしれませんが、世の中には何が変わったのかよくわからない Office Suite なんかもあるので。
以下、特に僕が気に入った点です。

iLife

iPhoto
写真を撮影日時別に「イベント」という単位で自動的に分けてくれる。いままで手動でやってたことなので、これが自動的にできるようになるのはすごく嬉しい。
さらにサムネイルの写真プレビュー機能がすごい。アルバムの表紙をマウスオーバーすると、中の写真が見れる。
iMovie
iPhoto と同じく、サムネイルがすごい。マウスオーバーでクイック再生ができるし、指定秒間隔でムービーを区切ってプレビューすることもできる。
さらに編集がこれまで以上に簡単になっている。messa.tv の更新頻度も上がるはず。もちろんアップロード方法も進化。

上記2つに共通して感じたのは、サムネイルの表示スタイルにイノベーションを起こしているということ。文章では説明しづらいので、ぜひとも Steve Jobs のプレゼンを直接見ていただきたい。ちなみに、40分あたりからが iMovie のデモです。ムービー編集の簡単さに驚いてしまいます。
Apple – QuickTime – Apple Special Event – August 2007
写真やムービーの公開先となる、.Mac Gallery も魅力。友人や家族とのデータ共有がこれまで以上に簡単に、そしておもしろくなります。Steve Jobs の、「もうおばあちゃんに DVD を焼かなくてもいい」という発言には大いに共感しました。
その他、Google との提携による機能が随所に見られるのも今回の iLife の特徴と言えます。iMovie から YouTube へのアップロード、iWeb で Google Maps や Adsense を簡単に貼り付けられる機能などが代表例です。
Apple and Google Alliance Just Got Stronger

iWork

Numbers
1つのウィンドウに複数のスプレッドシートを配置するというスタイルは、新しいスタンダードとなるかもしれません。
Spreadsheets: iWork’s Numbers changes the spreadsheet paradigm – Lifehacker
それから、印刷前に意図しない印刷をしてしまわないためのプレビュー機能もいい。これでもう、1行だけ印刷してしまうとかいうミスは無くなります。

というわけで、これらのアプリは購入決定です。でも、もうすぐ Leopard が待っているので、買うタイミングが最大の問題です。

ゴキブリキャップ再び

自宅に続き、会社にもゴキブリキャップを置きました。これからの季節、よく襲撃されるので。
Roaches killer
うちの会社では床で寝たりするので、そんなときに襲撃されたら大変です。去年までは何度もそうやって目が覚めたりしていました。
去年使ったのはゴキ包(ゴキパオ)。これはダメ。あの泡で素早いやつらを狙うのは相当難しい。結果としてカーペットとか棚にべっとりと泡がついて、それをはがすのが大変大変・・・。しとめた後、最後に使うのが吉です。

新世紀ゴキブリキャップ

太古の昔から生き抜いてきたやつらの命の実と、現在地球に君臨している人類の知恵の実。そのどちらが勝つか。これは、人類の存亡をかけた、熱き戦いなのである。
知っての通り、やつらがリビングへ進入し、そこに眠る Mac と接触すれば、サードインパクトが起こる。それだけは避けねばならない。
予想されうるサードインパクトを未然に防ぐ。そのためにあるのが、株式会社タニサケであり、ゴキブリキャップなのだ。
汎用団子型決戦兵器
人造団子ゴキブリキャップ
「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ!」
「やります。僕が置きます。」
というわけで、今回設置したゴキブリキャップという製品についてのメモ。この製品の PRムービーは、ぜひとも YouTube にアップした方がいい。確実に売れる。僕自身も、全く買う気は無かったのに、店頭で流れていたムービーを見て、速攻買ってしまったのです。ゴキブリキャップが一番高いのに、類似品には目も触れず。ムービーが流れていたところのは無くなっていたので、わざわざ奥の棚から探しました。
においに誘われてやってきたゴキブリは、ゴキブリキャップを食べて脱水症状になり、オアシスを求めて屋外へ逃げていくのだとか。そしてあるはずのないその場所へたどり着くことなく、絶命するのです。
取り替えは半年後。半年後といえば1月。年末の大掃除で取り替えればいいかな。リマインダーをセットしておきます。
設置した箇所は次の通り。これ忘れたら終わりなので、自分用に。

  • トイレの裏
  • 洗面台の横
  • 洗濯機の横
  • 廊下の収納の下の段
  • 押し入れの下の段
  • 押し入れの上の段
  • ガス台の横
  • ガス台の下の棚
  • 流し台上の棚の右側
  • 流し台上の棚の左側
  • 流し台の下の棚
  • 冷蔵庫の間
  • レンジの裏
  • オーブンの裏
  • 食器棚の裏

計15個
ここにも置いとけ!的なアドバイスがあれば、ぜひ教えてください。
それでは、次回もサービスサービス!

ベノワ自殺?

WWE: Benoit’s death part of a double murder-suicide
WWEのクリス・ベノワが死去 AFPBB News
もうこんなのは嫌だ。エディの時も信じられなかったけど、まさかベノワまでいなくなるなんて。この2人がいない WWE なんて、もうレスリングじゃない。
お願いだベノワ。嘘だと言ってくれ。
でも、これが現実なのか・・・。

Firebug 無効で Firefox 快適化

最近ずっと気になってた問題が解決したので衝動的にポスト。
実は僕の Mac の中の Firefox が最近異常に不安定でした。毎回決まってちゃんと終了してくれなかったのです。いつまでたってもメモリーが解放されないと思ったら、ちゃんと生きてたり。だからしかたなく強制終了。あきらめて、Firefox の再インストールも検討しました。
そんなこんなで不満を抱きながら、今朝も Firefox でブラウジングしていると、最速の ma.laさんのエントリーと、それに関連するエントリーを発見。こんな感じです。
辛辣インターフェース評議会 – Firefoxのメモリ使用量を劇的に抑えるたった一つの方法
300clp – Firefoxを遅くさせる最大原因はアドオン
その後すぐさま Firebug を無効にすると、無事に終了してくれるようになりました。上記2つのエントリーは、もっと評価されていいエントリーです、ほんと。
以前にも JavaScript が動いてるページを開くだけで Firefox が落ちていたときがありましたが、その時も原因は Firebug。普段は必要ないので発動しないようにして解決となったわけですが、今日から完全に Disable にすることにしました。
必要なときだけ、使うことにします。