37signals Live

37signals から、オンラインライブイベントの告知メールが届きました。Jason Fried と DHH が質問に答えるイベントのようです。質問がある人はぜひ聞いてみましょう。

US central time の8月13日午前11時は、日本の8月14日午前1時になります。

  • 2008年8月14日(日本時間)
  • 01:00

必見です 🙂

37signals Live

Ask 37signals がおもしろすぎる件

最近 37signals が Blog で読者からの質問に答えています。Ask 37signals で始まるエントリーがそれ。
これがおもしろすぎる。Jason をはじめ、僕は元々 37signals のファンなのですが、このシリーズでより一層彼らの考え方に惹かれています。
主張している内容はいつもと変わりませんが、でもそれが読者とのやりとりの中で見られるのがおもしろい。新しい発見なんかもあったりして。
特におもしろかったエントリーを、その中で気になった箇所の引用と共にご紹介します。手抜きなので、引用が長い上に特に訳とかも用意していません 😛
興味のある方はリンク先をどうぞ。
1つ目。Jason が Simple なソフトウェアの重要性を説明しているエントリー。引用長すぎですがご了承ください。
Ask 37signals: Is it really the number of features that matter? – (37signals)

What matters is the editing. Software needs an editor like a writer needs an editor or a museum needs a curator. Someone with a critical eye and the ability to say “No, that doesn’t belong” or “There’s a better way to say this.” Physical constraints create natural limits for books and museums. Books have pages and museums have wall space. Software, on the other hand, is virtual, boundless. Anything is possible. When anything is possible someone inevitably tries to make something do everything. And the more something does the harder it becomes to understand, grasp, and use. So the key is deciding what makes it and what doesn’t. This applies both globally (the entire inventory of features) and locally (what someone can do on the current screen they’re looking at).

小さなチームで開発を行う時、特に注意が必要なことです。当事者はこういった視点をついつい持てずに突っ走ってしまいがちです。改めて、意識的に No と言える視点を持とうと思いました。
2つ目。ビジネスモデルの変遷について、DHH のエントリー。
Ask 37signals: How to go from clients to products? – (37signals)

With constrained resources, you realize the value of the marginal hour very quickly. You can’t just goof around with science projects, open-ended explorations, and play time with new whiz-bang technology. Instead, you have to deliver real value, real soon.

real value, real soon. 体に刻んでおくべき言葉です。
3つ目。DHH が、Ruby on Rails 誕生の背景を次のように語っています。
Ask 37signals: The genesis and benefits of Rails – (37signals)

In the beginning, there was no Rails, there was only Basecamp. After working on Basecamp for a while, though, I eyed the option of giving all the generic pieces a life of their own. But even then, I continued to work on Basecamp first. Which meant that all the functionality of Rails came as extractions of a real application, not of a “what somebody might need some day” fantasy, so prevalent in framework design.

Rails の持つ魅力にまた心を動かされています・・・。そろそろ触ってみようかな。いや、それより先にやることが山ほど(ry
他にもいっぱいあります。それらもぜひご覧ください。
Signal vs. Noise
ちなみに、僕の Blog のデザインが、DHH の Blog のデザインに大きく影響を受けていることもここで発表しておきます。
次回の messa.tv は 37signals のプロダクトを取り扱います。実はもう撮影済みなのです。お楽しみに。