ブロックチェーン経営

ブロックチェーンを使いたいという相談を多くの会社からいただく中で、ブロックチェーンという技術を使うよりもまず先にしなければいけないと考えていることがあります。経営のブロックチェーン化です。

Continue reading “ブロックチェーン経営”

デビルマンは仮想通貨の世界にいまこそ必要な存在だ

知らなかった原作の展開

デビルマンです。あのデビルマン。これは、仮想通貨、ブロックチェーンに関わる人には必読のマンガです。

デビルマンを観ることになったきっかけは、Netflix でリメイク版が配信されたことでした。現代風にリメイクされたデビルマンを観て、最初は衝撃を受けました。絵がグロテスクで内容も攻撃的。「何だ、これは」と思って1話で観るのを止めました。後に僕たちが知っているアニメのデビルマンは設定がやわらかくなっているもので、原作のデビルマンとは全然違うということを知りました。原作に忠実なのが Netflix 版のデビルマンだということを知ったので最後まで観てみました。

Continue reading “デビルマンは仮想通貨の世界にいまこそ必要な存在だ”

ブロックチェーン技術者は何のためにその技術を手にしたのか

仮想通貨のトレードは、ブロックチェーンが造り出す世界の1つの重要な要素だと思っています。それがなければ、既存の世界とのつながりが得られないからです。

どれほど崇高な概念を持っていても、どれほど革新的な技術があったとしても、既存の世界とのつながりがなければ、広がることはありません。たとえそれが旧世代の産物だと思えるような世界だったとしても、そこに変えなければならないと信じる価値観が存在する限りは、つながりは重要です。

しかし、そこにだけ注目が集まり、盛り上がっている現状は、本質を見失っています。長期的な視点でブロックチェーンの意味を考えた時に、より注力していくべきはブロックチェーン技術のさらなる研究開発です。まずは、ブロックチェーン技術そのものが信頼を勝ち得、実用に耐えうる物にならなければその先はありません。そして、その上で成り立つトークンエコノミーや新たな価値の交換、言い換えるならば異なった価値観同士の対話を育む DEX(分散型取引所)が成立することも、必須の要件です。

ここから先は、決して、中央集権的な取引所で完結するような世界ではありません。

Continue reading “ブロックチェーン技術者は何のためにその技術を手にしたのか”

“社会的評価”が全てになる時代

突然ですが、僕は Airbnb で生活をしています。

なぜそんなことをしているのかというと、新しい価値観の時代が始まると確信しているからです。それは“社会的評価”が全てになる時代です。

Continue reading ““社会的評価”が全てになる時代”

2018年にもなるのだから、それはもうやらないことにした

自分が信じられる世界に生きたい

写真は、今日お年玉をあげたときのものです。未来ある若者を騙したくはないので、信じられる通貨で渡しました。去年は変なことを教えるなと言われたことですが、今年は驚くほど自然な導入でした。合わせて、使い方や管理方法、修羅の国での戦い方を説明しました。億り人量産に貢献したいと思います。

さて、時代は2018年です。これってもう未来です。新年の誓いとは少し違うけど、もういい加減にやめておこうということを決意表明として発表してみます。

Continue reading “2018年にもなるのだから、それはもうやらないことにした”

SIVIRA はスタートアップを超えていく(あるいは世界一の企業とは何かという問い)

CERN へ行ってきた

CERN へ行ってきました。後日正式に発表しますが、公式なアポイントメントを設定していただき、訪問しました。繰り返しますが、CERN、欧州原子核研究機構です。

今でもはっきりと覚えています。子供の頃テレビで見た、インターネット革命の特集を。CERN で Tim Berners-Lee が WWW(World Wide Web)を生み出し、その可能性に興奮した Marc Andreessen が Mosaic を開発したエピソードを。いまのインターネット社会は、間違いなく、WWW から始まっています。

その WWW が誕生した場所へ、行ってきました。

Continue reading “SIVIRA はスタートアップを超えていく(あるいは世界一の企業とは何かという問い)”

分散化していく社会

社会の分散化とは

世界は今後、ますます分散化していくでしょう。

分散化とは、完全に個々の存在が孤立してしまう状態ではなくて、より小さくて効率的な組織、コミュニティーに分割されていくことです。1人の人間という視点で見れば、複数の細かく分割されたコミュニティーに存在するということになります。コミュニティーが物理的に離れていることもあるでしょう。そういった社会構造に向かっていくのが、仮想通貨の描いている社会です。

Continue reading “分散化していく社会”

おかんが ICO する時代

おかんが ICO する時代がきました

2017年5月、ニューヨークで行われた Consensus 2017 に行った時、自分の親くらいの年齢の女性から「私、ICO するんだけど」と話しかけられました。本当の話です。念のため。

5月にそういう出来事があって「おかんが ICO をする日も近いな」と思ったので、日本に帰ってきてすぐに「おかんが ICO をすると言い始めたら気をつけてくださいね」と色々な場所で話をしてきました。

それが思っていたよりも早いスピードで現実的になってきました。本当におかんが ICO の相談に来る可能性がある時代になってきました。もしあなたのところにあなたのおかんが相談に来たら、ICO 詐欺を意図せずしてしまわないように、アドバイスしてあげないといけません。

Continue reading “おかんが ICO する時代”

今までありがとうございました

恐竜の話、最高でした!

先日開かれた大阪でのビットコインイベントの後は、たくさんこの言葉をいただきました。今後も Ripple について質問を受けたら、あの回答をしたいと思います。自分史上もっとも詩的な回答だったと自負しています。

当日会場で自分から説明した事があるのですが、他では正式にアナウンスをしていませんでしたので、こちらにて背景を踏まえて説明します。

講演やイベントでの登壇をやめます

自分で主催するイベントや依頼をうけたものも含め、基本的には人前で話す機会を減らすことに決めました。実は、依頼は10月ですでに停止しています。その後もお問い合わせをいただくことが多いため、説明も必要と思いこの記事を書くに至りました。

Continue reading “今までありがとうございました”