Firefox のセッションを取り戻す

Firefox でタブを大量に開いていると、突然ダウンしてしまうことがよくあります。そうなったら最後、毎回起動する度に前回のセッションを復活させるので、無限ループに陥ります。
そこから抜け出すにはセッションを復活させずに起動させるしかないのですが、ダウンしてしまうほどタブを開いているときにその選択をするのは心を痛めます。
でもまだ諦める必用は無くて、ちゃんと最後に記録したセッションの情報はマシンに残っています。僕はこれまで、落ちる度に簡単なスクリプトを書いてリンクを復活させていたのですが、あまりにも頻発するので、いつでも使えるようにして公開しておくことにします。
使い方は簡単。

  1. session.rdf を探す
  2. そのファイルをリンク先のフォームから送信する

以上です。session.rdf は一旦送信されますが、処理完了時に自動的に削除されます。
利用した日時と、そのとき復旧した URL の数だけ、情報として蓄積されます。URL の文字列やその他の情報は一切こちらには残りません。
# Firefox の耐久性を調査するために、URL の数は残すようにしています。ちなみに、今回僕がダウンした際のタブの数は211でした。だいたい200〜300ぐらいで落ちる気がします。Firefox には、これからもたくましく育って欲しいです。
あと、お決まりですが一応。このプログラムを利用することによって何らかのトラブルが発生したとしても、一切の責任を負うことはいたしません。ご利用の際は自己責任でどうぞ。
以上をご理解いただいた上で、必用とされる方はご利用ください。
Get Back Session 〜タブを取り戻せ〜
session.rdf の位置ですが、こちらを参考にしてください。
Firefox Help: How To Manage Profiles
ちゃんと調べていませんが、これを使えるのはおそらく「Tab Mix Plus」を使ってセッションの管理をしている人です。Firefox の機能を使って管理している人も使えるのかもしれません。とにかく、「session.rdf」というファイルがあればおそらく復活できると思います。
# なんという未確認さ!
ほとんど自分しか使わない前提なので、処理もエラーメッセージもかなり適当です。もし何かお気づきの点や要望などあれば、このエントリーへのコメントなどで投稿いただければ目を通させていただきます。
Enjoy!

Firebug 無効で Firefox 快適化

最近ずっと気になってた問題が解決したので衝動的にポスト。
実は僕の Mac の中の Firefox が最近異常に不安定でした。毎回決まってちゃんと終了してくれなかったのです。いつまでたってもメモリーが解放されないと思ったら、ちゃんと生きてたり。だからしかたなく強制終了。あきらめて、Firefox の再インストールも検討しました。
そんなこんなで不満を抱きながら、今朝も Firefox でブラウジングしていると、最速の ma.laさんのエントリーと、それに関連するエントリーを発見。こんな感じです。
辛辣インターフェース評議会 – Firefoxのメモリ使用量を劇的に抑えるたった一つの方法
300clp – Firefoxを遅くさせる最大原因はアドオン
その後すぐさま Firebug を無効にすると、無事に終了してくれるようになりました。上記2つのエントリーは、もっと評価されていいエントリーです、ほんと。
以前にも JavaScript が動いてるページを開くだけで Firefox が落ちていたときがありましたが、その時も原因は Firebug。普段は必要ないので発動しないようにして解決となったわけですが、今日から完全に Disable にすることにしました。
必要なときだけ、使うことにします。