何よりもまず、この底なしの孤独を埋めたいと思った

自分が戦っている正直な理由

人として欠陥があるのかもしれない。ただ事実として、自分にはどうしても埋めることが出来ない孤独というものがある。結論を言ってしまえば、自分はその孤独を埋めるために、人生をかけてこの変革に取り組んでいるんだと思う。それ以外のモチベーションが存在しないし、他に納得の行く理由は思いつかない。

言い方を変えれば、多くの人を巻き込んだ大きな戦いに、こんな個人的な理由で挑んでいることになる。そのわがままさを承知の上で、少しその背景を伝えたい。

Continue reading “何よりもまず、この底なしの孤独を埋めたいと思った”