デビルマンは仮想通貨の世界にいまこそ必要な存在だ

知らなかった原作の展開

デビルマンです。あのデビルマン。これは、仮想通貨、ブロックチェーンに関わる人には必読のマンガです。

デビルマンを観ることになったきっかけは、Netflix でリメイク版が配信されたことでした。現代風にリメイクされたデビルマンを観て、最初は衝撃を受けました。絵がグロテスクで内容も攻撃的。「何だ、これは」と思って1話で観るのを止めました。後に僕たちが知っているアニメのデビルマンは設定がやわらかくなっているもので、原作のデビルマンとは全然違うということを知りました。原作に忠実なのが Netflix 版のデビルマンだということを知ったので最後まで観てみました。

Continue reading “デビルマンは仮想通貨の世界にいまこそ必要な存在だ”

何よりもまず、この底なしの孤独を埋めたいと思った

自分が戦っている正直な理由

人として欠陥があるのかもしれない。ただ事実として、自分にはどうしても埋めることが出来ない孤独というものがある。結論を言ってしまえば、自分はその孤独を埋めるために、人生をかけてこの変革に取り組んでいるんだと思う。それ以外のモチベーションが存在しないし、他に納得の行く理由は思いつかない。

言い方を変えれば、多くの人を巻き込んだ大きな戦いに、こんな個人的な理由で挑んでいることになる。そのわがままさを承知の上で、少しその背景を伝えたい。

Continue reading “何よりもまず、この底なしの孤独を埋めたいと思った”

メルカリで財布が出品停止された話

皆さんご存知のメルカリ。最近はブロックチェーン分野にも力をいれていますね。

覚えていますか?

いまから1年ほど前の2017年春頃、メルカリで現金を売る人が出て話題になった事がありましたよね。

現金を売るとか、良いアイデアでした。さらに Suica を売るとか、パチンコの景品(という名の謎の換金できるトークン)を売るとかすごいと思いました。そして魚のオブジェを売った人は天才だと思います。

ちょうどその頃、僕はたまたまペーパーウォレットが欲しくなったので、銀座のビットコイン ATM まで行って、ペーパーウォレットに入金する形で購入しました。今となっては古き良き、ビットコイン ATM が可動していた時代です。

Continue reading “メルカリで財布が出品停止された話”

ブロックチェーン技術者は何のためにその技術を手にしたのか

仮想通貨のトレードは、ブロックチェーンが造り出す世界の1つの重要な要素だと思っています。それがなければ、既存の世界とのつながりが得られないからです。

どれほど崇高な概念を持っていても、どれほど革新的な技術があったとしても、既存の世界とのつながりがなければ、広がることはありません。たとえそれが旧世代の産物だと思えるような世界だったとしても、そこに変えなければならないと信じる価値観が存在する限りは、つながりは重要です。

しかし、そこにだけ注目が集まり、盛り上がっている現状は、本質を見失っています。長期的な視点でブロックチェーンの意味を考えた時に、より注力していくべきはブロックチェーン技術のさらなる研究開発です。まずは、ブロックチェーン技術そのものが信頼を勝ち得、実用に耐えうる物にならなければその先はありません。そして、その上で成り立つトークンエコノミーや新たな価値の交換、言い換えるならば異なった価値観同士の対話を育む DEX(分散型取引所)が成立することも、必須の要件です。

ここから先は、決して、中央集権的な取引所で完結するような世界ではありません。

Continue reading “ブロックチェーン技術者は何のためにその技術を手にしたのか”

カバンの中身

分散社会での生き方

Airbnb 住人として、あるいは常に旅をしている者として、東京のオフィスにいない間は持ち運ぶ荷物がたくさんあります。しかし、ただの道具を使いたいとは思いません。最高の、自分が心から好きだと思えるものだけを持ち運んで使っています。最高以外は、いらないのです。

Continue reading “カバンの中身”

日本の仮想通貨市場は終わった

Binance

日本の仮想通貨市場には、ネガティブな出来事が立て続けに起きています。

1つは仮想通貨取引所「バイナンス」が日本での展開を諦めたことです。金融庁にはまるで、犯罪を犯したかのような怒られ方をして、日本市場から去っていきました。

彼らはすでに大きな業績を残していました。もちろん様々な方法で規制を回避していたり、税金の面で他の企業と同じ土俵で戦っていないという面ももちろんありました。とはいえ、真のフィンテック企業としてイノベーションのど真ん中をいっていた企業だったのですが、残念ながら日本進出は叶わなくなってしまいました。

Continue reading “日本の仮想通貨市場は終わった”

ICO 詐欺、ハードフォーク詐欺、ただの詐欺

詐欺ばかり

取引所を装ったフィッシングサイトの詐欺が横行しています。他にも誤って送ってしまったコインを取り返すと、親切を装ってプライベートキーを入力させるなど、詐欺の手口も巧妙化しているようです。「プライベートキー保管サービス」のような体裁で、保管したら身代金を要求されるといったものも出てくるかもしれません。

そういう分かりやすい詐欺はもちろんダメなのですが、もっと深刻なのは、一見そうと分からない詐欺です。名指しは避けますが、仮想通貨の世界には、そういったものがたくさんあります。

Continue reading “ICO 詐欺、ハードフォーク詐欺、ただの詐欺”

美女と犬の糞

落ちている犬の糞を見るよりも、最近は面白い ICO に出会う確率の方が高いです。技術的にも面白くて、やりがいもあって、ビジネスとしてもうまく行きそうな、すばらしい案件の方が犬の糞を見るよりも頻度が高いです。

なぜ犬の糞の話をしているか説明します。この例えは昔、友人にしたことがあったようで、「まだお前のように、美女を犬の糞だと思えない」と最近言われて思い出したものです。僕が過去に何を語ったのか聞くと、発言の意図はこうでした。

Continue reading “美女と犬の糞”

“社会的評価”が全てになる時代

突然ですが、僕は Airbnb で生活をしています。

なぜそんなことをしているのかというと、新しい価値観の時代が始まると確信しているからです。それは“社会的評価”が全てになる時代です。

Continue reading ““社会的評価”が全てになる時代”

ロックバンドにモーツァルトはいらない

会社はバンド

スタートアップはバンドです。

今から10年くらい前、自分の会社にある“レジェンド”がアドバイザーとして入ってくれました。とあるソフトウェアを作った博士で、非常に有名な人でした。当時、リタイア後のキャリアとして、若いスタートアップを育てたいという希望をお持ちだったため、ジョインしてくれました。

アドバイザーとして入ってくれたものの、事あるごとに考え方の古さを感じ、ミーティングの度に自分はイライラしていました。自分はまだ良かったのですが、エンジニアからも不満が出始めてしまいました。

あの人が言っていることは正論だけれど、全くいまの開発指向を分かっていない。昔のやり方だから全然合わない。

と、文化の違いがすぐに表れました。

Continue reading “ロックバンドにモーツァルトはいらない”